スポーツ

清水隆行が語った長嶋監督「メークドラマ」年のポジティブ過ぎる極めつき発言

 長嶋茂雄氏が監督時代に生み出した言葉、「メークドラマ」。1996年、広島カープとの最大11.5ゲーム差を大逆転して巨人がリーグ優勝に輝き、見事、有言実行とばかりに長嶋監督は「メークドラマ」を成し遂げたのだった。

 その「メークドラマ」の契機となったのは、7月9日の札幌円山球場で行われた対広島カープ戦だと言われている。2回2アウト、走者無しから怒涛の9者連続安打で一挙7得点、試合に勝利し巨人の快進撃が始まったのだ。

 この試合で連続安打9人目の打者となった、元プロ野球選手の清水隆行氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル「こちら野球放送席」の4月15日投稿回に出演。ルーキー年ながら、84安打、11本塁打、打率.293の活躍を見せた清水氏は、当時の長嶋監督のポジティブすぎる発言を明かしている。

「最終的には勝つからってずっと言ってました」と口癖のように長嶋監督は言っていたという清水氏。11.5ゲーム差がついたときにもその姿勢は変わらず、「本当の勝負はこれからだと、ずっとおっしゃってました」と加え、さらに3連戦で2連敗を喫しても、「今日勝たなければまずい」といったネガティブ発言ではなく、「今日勝てばどうってことないんだよ」とポジティブ発言。これにより、選手たちが気を楽にして試合に臨めたと清水氏は振り返ったのだった。

「最終的には勝つから」との発言は、選手を活気づけるためか、それともミスターの目には未来が映っていたのか? ぜひご本人にも真意を伺ってみたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判