芸能

映画・ドラマ「伝説のヤンキー女王決定戦」(3)真木よう子の才能が開花した桐谷健太への飛び蹴り

 厳密にヤンキーな役ではないが、シリーズ名に「スケバン」とついたら悪の匂いがプンプン。第1作は斉藤由貴がヒロイン・麻宮サキに扮した「スケバン刑事」(85年、フジ系)だ。

「同じ85年4月に『夕やけニャンニャン』もフジで始まりましたが、現役女子高生のセーラー服とポニーテールの衝撃。さらに『てめえら、許さねえ!』と江戸っ子の口上。シビれましたね。2代目の南野陽子になると『おまんら、許さんぜよ!』と高知弁になるのが刺激的でした。原作者はナンノを『原作に一番近い』と絶賛していましたね」(芸能評論家・織田祐二氏)

 3代目の浅香唯は、三姉妹という設定が目を引いたが、あまりに忍法帖テイストとなり、原作者が強制終了させたそうだ。

 さて、ある種のヤンキー物と呼べるのが、江角マキコの出世作となった「ショムニ」(98年、フジ系)だろうか。会社の窓際部署・庶務二課に追いやられたOLたちが、胸のすく活躍で上層部の鼻を明かしてゆく。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏が言う。

「江角の『女の価値は男の数で決まるんだよ』の締めのセリフも、男を敬遠しないという新しい形のヤンキー像。気っ風のいい姉御肌なキャラクターは同性にも支持されやすく、これを突き詰めれば『極妻』になるんでしょうね。女優たるもの、一度は演じてみたい役柄であります」

 さて、いよいよ真打登場である。深田恭子との共演で大ヒットした「下妻物語」(04年、東宝)で、土屋アンナはレディースの一員・白百合イチゴを演じた。映画評論家の秋本鉄次氏が分析。

「ゴスロリファッションの深キョンとの対比が見事でした。土屋のように細面で鋭角的な顔立ちだと、こうも喧嘩上等のレディース役が似合うのかと感心しましたね」

 前出・織田氏も手放しでの絶賛を惜しまない。

「オーディションで部屋に入ってきた段階で、中島哲也監督がイチゴ役に即決したそうです。刺しゅう入りの特攻服にサラシの巻き具合、原チャリでの暴走ぶりなど、公開後に高く評価された。土屋は日本アカデミー賞の新人賞にも輝きましたが、最大の勝因は、ほとんど地であったこと。土屋の『カメラの前にいても飲み屋にいても私は私』の名言を思い起こさせますね」

 土屋とがっぷり四つで非情なオーラを放つのは真木よう子だ。沢尻エリカ、桐谷健太、江口のりこなどブレイク前の若手がひしめいていた井筒和幸監督の「パッチギ!」(05年、シネカノン)で、真木は朝鮮高校の女生徒役を演じている。前出・秋本氏が言う。

「沢尻とともに、抜擢された真木も世に出るべくして出てきたというタイミングでしょう。これを機に『月刊真木よう子』がベストセラーになり、翌年の『ベロニカは死ぬことにした』(角川映画)のフルマッパ熱演など、すべてヤンキー役から始まっています」

 江口のりこらとつるんでケンカに明け暮れる役だったが、やがて、高校中退して看護師の道へ。

「ドスの効いた低い声と、パーマなのか地毛なのかわからないモジャモジャ頭にマスク姿のインパクト。看護師になって桐谷健太に飛び蹴りを食らわすシーンなど、実力派女優の才能が開花する片りんを見せました」(前出・織田氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」