芸能

有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯

「進め!電波少年」は、1992年から2003年まで日本テレビ系で放送された人気バラエティ番組だ。タレントの松本明子と共に司会を務めたお笑いタレントの松村邦洋や、お笑いコンビ「猿岩石」としてヒッチハイク企画に出演した有吉弘行にとっては、世間の知名度を高めるに至った恩深い番組と言えるだろう。

 その番組の生みの親である日テレの名プロデューサー・土屋敏男氏が、松村のYouTubeチャンネル「松村邦洋のタメにならないチャンネル」に出演。意外な番組誕生秘話を明かした。

 4月29日に〈【土屋敏男コラボ】土屋さんがヒット番組を作ったワケ!有吉弘行の猿岩石時代!アポなし企画誕生の秘話を語る!〉と題した投稿回がそれだ。

 当時、「電波少年」の枠で放送されていたのは、ウッチャンナンチャンと出川哲郎らが出演するバラエティ番組「ウッチャン・ナンチャン with SHA.LA.LA」だった。ところがこの番組、ウッチャンナンチャンがフジテレビ製作の映画「七人のおたく」に出演することから、3カ月の放送休止状態となった。そのため、つなぎとして放送されたのが「電波少年」だったというのだ。結果は、斬新な企画が功を奏し、世間の注目を集め放送期間を延長している。

 土屋氏が「電波少年」以前に担当していたバラエティ番組は、土屋氏いわく1.4%の低視聴率だった。ゆえに、いわば干されているに近く、ヒマだったことからつなぎ番組を担当することになったというのだが、「電波少年」がなければ、その後ヒットメーカーと言われることもなかったであろう。土屋氏に松村、そして有吉も、ウッチャンナンチャンには頭が上がらない?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美