社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(3)放射能を浴びた野生動物が出没

 私が最後に帰還困難区域に入ったのは、この10月のことでした。あらためて感じたのは、被災地がますます殺伐としてきたことでした。家屋が朽ちかけ、田畑は荒れ放題でセイタカアワダチソウが生い茂っている。

 その一方で、サルやイノシシが繁殖している。南相馬市の住宅街では、山から下りてきたイノシシが出没し、真っ昼間から走り回っているんです。イノシシは自身も被曝し、山で放射線量の高い木の実を食べているから、ものすごく放射線量が高い。車にひかれて死んでいるイノシシだけで、3頭も見ました。

 私は戦場の取材経験もありますが、放射能という目に見えないものが相手の今回の取材では違った恐怖に襲われます。原発事故から1カ月くらい双葉町の知人宅に泊めてもらっていましたが、もし1人だったら、耐えられたかどうか。逃げずにいた人がそばにいたからこそ、とどまることができたんだと思います。

 一方で、帰還困難区域から仮設住宅に移り住み、心労が重なって亡くなる人が相次いでいます。事実、私の知人も心不全で亡くなった。そして埋葬もされず、お骨が仮設住宅に近いお寺に置きっぱなしになっているんですよ。そんな人がいっぱいいる。

 安倍総理はオリンピックのプレゼンテーションのスピーチで、「状況はコントロールされている。私たちは決して東京にダメージを与えない」と語りましたが、「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内で完全にブロックされている」とどうして言えるのか、不思議でなりませんよ。

 国民は7年後のオリンピックに沸いているが、「復興は後回しなのか」と福島県民は冷めた目で見ています。

 放射線量は依然として高く、素人ばかりの作業員。彼らに作業を急がせても事故が起きるだけです。私は再臨界の可能性すら十分あると見ています。

 現状を直視し、最善の手を打たないと手遅れになるとつくづく恐怖にかられます。

◆文・八木澤高明氏

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃