社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(3)放射能を浴びた野生動物が出没

 私が最後に帰還困難区域に入ったのは、この10月のことでした。あらためて感じたのは、被災地がますます殺伐としてきたことでした。家屋が朽ちかけ、田畑は荒れ放題でセイタカアワダチソウが生い茂っている。

 その一方で、サルやイノシシが繁殖している。南相馬市の住宅街では、山から下りてきたイノシシが出没し、真っ昼間から走り回っているんです。イノシシは自身も被曝し、山で放射線量の高い木の実を食べているから、ものすごく放射線量が高い。車にひかれて死んでいるイノシシだけで、3頭も見ました。

 私は戦場の取材経験もありますが、放射能という目に見えないものが相手の今回の取材では違った恐怖に襲われます。原発事故から1カ月くらい双葉町の知人宅に泊めてもらっていましたが、もし1人だったら、耐えられたかどうか。逃げずにいた人がそばにいたからこそ、とどまることができたんだと思います。

 一方で、帰還困難区域から仮設住宅に移り住み、心労が重なって亡くなる人が相次いでいます。事実、私の知人も心不全で亡くなった。そして埋葬もされず、お骨が仮設住宅に近いお寺に置きっぱなしになっているんですよ。そんな人がいっぱいいる。

 安倍総理はオリンピックのプレゼンテーションのスピーチで、「状況はコントロールされている。私たちは決して東京にダメージを与えない」と語りましたが、「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内で完全にブロックされている」とどうして言えるのか、不思議でなりませんよ。

 国民は7年後のオリンピックに沸いているが、「復興は後回しなのか」と福島県民は冷めた目で見ています。

 放射線量は依然として高く、素人ばかりの作業員。彼らに作業を急がせても事故が起きるだけです。私は再臨界の可能性すら十分あると見ています。

 現状を直視し、最善の手を打たないと手遅れになるとつくづく恐怖にかられます。

◆文・八木澤高明氏

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化