芸能

明石家さんま、「さんま御殿」クラスター説の“背景”/坂下Dの「地獄耳」芸能

 かまいたち・濱家隆一、山内健司、次長課長・河本準一、俳優の曽田陵介らが新型コロナウイルスに感染したことを公表しているが、偶然にも全員が6月1日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演していたことが判明。テレビ業界の一部で、その感染源が番組ではないかとウワサが立っていたという。しかし、司会の明石家さんま本人は6月5日、ラジオ番組で、発生源がみずからの番組ではないと否定した。

「(陽性になったのが)バラバラなんですけど。あれは、『御殿』からじゃないんですよ」

「かまいたちと河本(の感染日)を合わせると、合わへんねんな。かまいたちからうつったとして…その日数じゃないんですよ。だから、別々なんですけど…」

 などと、釈明を続けたのだった。さんまがこうも必死に否定した背景には理由があるようだ。というのも、コロナの感染拡大が始まった昨年、さんまはこんな“自爆発言”をしていたからだ。

「要するに(飛沫が)人より飛ぶから。(人と開ける間隔は)2メートルって言うけど、口の仕組みからすると3メートルぐらい行ってしまうと思うんですよ。だから気をつけて」

 ツバの飛距離が尋常ではないと、白状していたのである。であれば、自分が関係ないとしても、自分の冠番組が疑われた形の「さんま御殿クラスター」説には、「釈明」しておきたいという気持ちになったのかもしれない。昨年6月には、バラエティ番組で陣内智則から、「みんな、さんまさんのこと(人気漫画『鬼滅の刃』をもじって)『飛沫の刃』って呼んでますよ」と振られるや、「鬼滅の刃」になぞらえて、「引き笑いの呼吸。さんまの型」と刃を抜くマイムで笑いをつないでいた。当時は笑えたものが、今ではシャレにならなくなったというのだろうか。

 ただし、コロナを話題に笑いを取りまくったさんまだが、コロナには十分に気を付けているようで、「オレが休む時は、症状が出たと思ってもらったら」と本音を語り、ワクチン接種についても、「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたい」と明言している。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYoutTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!