芸能

加藤浩次が「指原莉乃の凄い所」を熱弁も“小島瑠璃子にだけ辛辣”だったワケ

 7月11日に放送された「極楽とんぼのタイムリミット」(ABEMA)で、MCの加藤浩次がバラエティで活躍する女性タレントを分析するひと幕があった。

「番組では今回、仕事が激減しているという元AKB48の西野未姫をスタジオに迎え、『西野未姫はなぜ売れないのか?』を話し合う企画を実施。その中で彼女とスタジオメンバーが、芸能界の第一線で活躍する女性タレントたちは、一体どこが凄いのかを徹底分析するコーナーがありました。その際、加藤は指原莉乃の才能について、『さっしーはね、短いセンテンスでスパッと(コメントを)入れていくのが本当にうまい』と絶賛。さらにオリエンタルラジオ・藤森慎吾も、『もう共演したら驚愕しますよ…』と指原の頭の回転の速さを褒め称えました」(テレビ誌記者)

 他にも加藤は、「めるるは、凄いイジりやすい」「滝沢カレンは滑ってるの、ほぼ見たことない」「若槻千夏は、本当にMCの流れを汲んでコメントしてくれる」と、共演経験のあるタレントたちを次々と高評価。しかし小島瑠璃子に対しては、辛辣な意見が飛んだという。

「西野は今回、自分の立ち位置を明確にするため、様々なタレントを『ビジュアル』と『トーク力』という2つの指標に当てはめ、評価付けして行ったのですが、こじるりを滝沢やめるると同ランクに持っていったところ、加藤が『(こじるりは)ビジュアルそんな高くねぇだろ!』と猛反発。その後も、みちょぱより、こじるりをビジュアルのランクで上位に置いた西野に対し、加藤は『えーーー!?』とスタジオに響き渡るほどの大声で絶叫したのです。これには藤森から『こじるりと何かあったんですか?(笑)』とのツッコミが飛ぶこととなり、加藤は『なんにもない!ぜんぜん仲悪くないよ!』と慌てて否定していました」(前出・テレビ誌記者)

 だが、そんな加藤といえば昨年、“芸能人が私物をフリマサイトに出品する”というバラエティ番組で小島と共演。その際、小島だけは紙袋しか私物を出品しなかったため、「紙袋だけってどういうことだよ!」と加藤がスタジオで声を荒らげたこともあった。それだけに加藤は、まだ小島をバラエティの女王として認めていないのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン