芸能

足立梨花、「ロンハー」で視聴者を騒然とさせた“包帯ぐるぐる巻き”の理由

 タレントの足立梨花が7月13日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演。包帯姿で登場し、視聴者から心配の声が巻き起こった。

 番組はこの日、「若手時代のネタ─1GP」と題し、お笑い賞レースを勝ち抜いてきたチャンピオンたちの若手時代のネタを再現してみようという企画を放送。足立はアンタッチャブル・山崎弘也やロンドンブーツ1号2号・田村亮と共にネタを鑑賞していたのだが、よく見てみるとその左手中指には“ぶっとい包帯”が…。

「足立の左手中指はガッツリと白い包帯が巻かれていたので、かなり目立っていましたね。番組中、そのことに触れられることはなかったので、かえって気になってしまった視聴者が多かったようです」(テレビ誌ライター)

 ネットでは「足立さん怪我したの?」「骨折? 突き指? 一体どうしたんだろう」「かなり厳重にぐるぐる巻きされてるね…」と、足立の包帯姿に言及する反応が集まった。

「足立の左手中指は、実は手術をしていたのです。彼女が6月19日に更新したインスタグラムによると、彼女は幼い頃から左手中指の第二関節部分がボコッと出ていて、それがコンプレックスだったと明かしています」(ネット系ライター)

 足立は続けて「目立たないように指を基本的に曲げていたり映らないようにしたりと努力をしていた」とし、ほとんどの人が気づいていなかったというが、「おもいきって除去しよう!」と、切開手術によって治すことを決意したようだ。

 切開した結果、脂肪腫だったり悪性の組織はなく、「正常な脂肪がなにかの異常でこの中指だけ発達し、太くなっているということでした。できるだけ神経や皮膚などに影響のでないように取り除いてもらい閉じました。10針縫いました。表面は痕が残りやすいので側面を切ってます」と、足立は症状や手術について説明し、「あの姿のまま何本か収録をしたため、報告しておこうと思いました。今は包帯も取れているため、心配いりません」と、経過は良好であることを語っている。

「インスタグラムをチェックしていたファンにとっては包帯したままの収録が『ロンハー』だったのかとすぐに合点がいったと思いますが、それ以外の視聴者はビックリしてしまったようです(苦笑)」(前出・ネット系ライター)

 コンプレックスを解消させた足立が、今後は何の臆するところもなく左手指を見せる姿に期待したい。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」