スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/スピードスターの新山が逃げ切る!

【『立川「山口健治杯」』ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎新山響平/○森田優弥/▲柴崎淳/△宿口陽一/小林大介/河村雅章/中井太祐/堀内俊介/山田諒/三谷竜生/佐々木悠葵/山口拳矢

 機動型同士での叩き合い! それでも勝ち負けできるのが実力者だ。

 今回で13回目になる「山口健治杯」(8月30日【月】~9月1日【水】)は、今年のGI覇者を含むS1選手が14人参戦するだけではなく、2班で売り出し中の若手機動型が下克上を狙う。穴党には願ってもない波乱の決着もあるシリーズになりそうだ。

 本命には新山響平を推す。1班上位陣の中でも屈指のスピードスター。叩き合いを制して逃げ切りを決める。

 対抗は森田優弥。宿口陽一─河村雅章のガードは強力。先行とまくりの両様に構えて逆転がある。

 三番手評価は柴崎淳のまくり強襲。あとは、宿口の番手抜け出しとみた。

 その宿口が先日のオールスターで4勝をあげたのは、GIウイナーの自負によるものだろう。埼京地区での戦いは久々で、いわば凱旋レースでもある。私の予想を覆す走りをみせてほしい。

【大穴この1車】

 7月に半年間で1班に返り咲いた46歳の追い込み選手・齊藤竜也(神奈川・73期)が頑張っている。ここ7場所で万車券に絡んだ5レースは、1着3回と2着2回。配当は前走のGIII川崎最終日の2着が3万3240円。それ以外は7車立てのFI戦のため、全て1万円台だった。ターゲットは高配当より好配当だ。

【狙い目の伏兵3人】

 武田亮(東京・115期)は、S級をまだ3場所しか走っていないが、すでに4勝をあげ、その全てが逃げ切りだった。ここは2月以来のホームバンク。3日間、風を切るだけだ。

 伊早坂駿一(茨城・105期)が伸び悩んでいる。バックとホームを取った回数が少ないのも迷っているからか。今回の茨城は1人だけ。単騎でも積極策で戦い抜きたい。

 山賀雅仁(千葉・87期)は8年ぶりの2班とはいえ、ここ3場所はGII、GIII、GI戦だった。3度のGIII優勝がある実力者だけに、決勝戦進出があってもおかしくない。

「小田原記念」(8月26日【木】~29日【日】)は、SS班4人の争いになる。

 本命は清水裕友。自在な立ち回りで直線抜け出し、オールスターの雪辱を果たす。対抗はオールスター決勝戦3着の守澤太志。渡邉一成のスピードに乗り、清水と勝ち負けを演じるとみた。

 3番手評価は地元の深谷知広。調子が上昇中で逃げ切りもある。あとは眞杉匠につける平原康多の反撃を警戒したい。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
3
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ