スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/スピードスターの新山が逃げ切る!

【『立川「山口健治杯」』ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎新山響平/○森田優弥/▲柴崎淳/△宿口陽一/小林大介/河村雅章/中井太祐/堀内俊介/山田諒/三谷竜生/佐々木悠葵/山口拳矢

 機動型同士での叩き合い! それでも勝ち負けできるのが実力者だ。

 今回で13回目になる「山口健治杯」(8月30日【月】~9月1日【水】)は、今年のGI覇者を含むS1選手が14人参戦するだけではなく、2班で売り出し中の若手機動型が下克上を狙う。穴党には願ってもない波乱の決着もあるシリーズになりそうだ。

 本命には新山響平を推す。1班上位陣の中でも屈指のスピードスター。叩き合いを制して逃げ切りを決める。

 対抗は森田優弥。宿口陽一─河村雅章のガードは強力。先行とまくりの両様に構えて逆転がある。

 三番手評価は柴崎淳のまくり強襲。あとは、宿口の番手抜け出しとみた。

 その宿口が先日のオールスターで4勝をあげたのは、GIウイナーの自負によるものだろう。埼京地区での戦いは久々で、いわば凱旋レースでもある。私の予想を覆す走りをみせてほしい。

【大穴この1車】

 7月に半年間で1班に返り咲いた46歳の追い込み選手・齊藤竜也(神奈川・73期)が頑張っている。ここ7場所で万車券に絡んだ5レースは、1着3回と2着2回。配当は前走のGIII川崎最終日の2着が3万3240円。それ以外は7車立てのFI戦のため、全て1万円台だった。ターゲットは高配当より好配当だ。

【狙い目の伏兵3人】

 武田亮(東京・115期)は、S級をまだ3場所しか走っていないが、すでに4勝をあげ、その全てが逃げ切りだった。ここは2月以来のホームバンク。3日間、風を切るだけだ。

 伊早坂駿一(茨城・105期)が伸び悩んでいる。バックとホームを取った回数が少ないのも迷っているからか。今回の茨城は1人だけ。単騎でも積極策で戦い抜きたい。

 山賀雅仁(千葉・87期)は8年ぶりの2班とはいえ、ここ3場所はGII、GIII、GI戦だった。3度のGIII優勝がある実力者だけに、決勝戦進出があってもおかしくない。

「小田原記念」(8月26日【木】~29日【日】)は、SS班4人の争いになる。

 本命は清水裕友。自在な立ち回りで直線抜け出し、オールスターの雪辱を果たす。対抗はオールスター決勝戦3着の守澤太志。渡邉一成のスピードに乗り、清水と勝ち負けを演じるとみた。

 3番手評価は地元の深谷知広。調子が上昇中で逃げ切りもある。あとは眞杉匠につける平原康多の反撃を警戒したい。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス