芸能

江口のりこ、引っ張りだこでフジドラマ初主演も囁かれる「2つの不安要素」

 劇団出身で実力は折り紙付き、知名度・好感度ともに上昇中のブレイク女優、江口のりこが「まさかのピンチ」なのだという。どういうことか─。

 大ヒットドラマ「半沢直樹」「ドラゴン桜」「俺の家の話」(いずれもTBS系)などに出演し、存在感あふれる演技で注目され、ドラマ、映画、CMと引っ張りだこの江口の新たな主演ドラマが決まった。10月スタートの連続ドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系)だ。木曜10時放送の木曜劇場枠初出演にして初主演。ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演を手にしたのである。

「江口は4月スタートのドラマ25『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系)で民放連続ドラマ初主演。飄々とした演技が大好評でした。フジは、かつてドラマ『孤独のグルメ』の売り込みを断って、テレ東で放送された『孤独のグルメ』が大ヒットするという苦い過去があるので、今度は“先手必勝”に出たんでしょう。とはいえさすがに看板ドラマの月9ではなく木曜劇場枠ですが、この枠は昨年からずっと平均世帯視聴率1ケタ。4月クールで鈴木亮平民放連ドラ単独初主演ドラマとアピールした『レンアイ漫画家』も、平均世帯視聴率5.4%に甘んじた。原作漫画の女主人公を無理やり男にする荒技までやってのけ、原作ファンにそっぽを向かれたのが痛かった。鈴木にとってはとんだ黒歴史となってしまい、江口が二の舞いにならない保証はない」(テレビ誌記者)

 その「SUPER RICH」だが、高視聴率が期待できる医療ドラマでも刑事ドラマでもなく、大ヒット韓流ドラマのリメイクや人気漫画の原作もないオリジナル脚本で、恋愛ドラマ。愛に飢えたベンチャー企業の女社長と自社のインターン試験に応募してきた一回り年下の貧乏学生との「恋バナ」で、仕事一筋の孤独女と年下男子のラブストーリーだという。

「相手役は昨年放送の『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレ東系)でブレークした赤楚衛二。関西出身の江口がネイティブ関西弁を繰り出し、子犬系イケメンと渡り合うような内容です」(芸能ライター)

 実は、この設定が、7月から同枠で放送中の比嘉愛未主演ドラマ「推しの王子様」と似ているというのだ。

「『推しの─』は、比嘉演じるゲーム会社の女社長が偶然知り合った貧乏な年下男を自分の会社に入社させ、一人前の社会人、ひいては理想の男に育て上げていく物語。金も力も手にした無敵女がウブな男を自分好みに変えていくという『推しの─』の視聴率がよければ、『SUPER RICH』も“2匹目のドジョウ狙い”と言えそうだが、『推しの─』は第8話終了時点で平均世帯視聴率4.9%と惨敗状態。もし『SUPER RICH』も失敗すれば、江口も低視聴率主演女優のレッテルを貼られかねません」(前出・テレビ誌記者)

 江口は、10月には舞台を控え、来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演と忙しい日々が続くという。そんな不安要素も指摘される「SUPER RICH」だが、心配が杞憂に終わるような江口の奮闘に期待したい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道