芸能

女子アナ「バチバチ相関図」<局内事件簿>(1)鷲見玲奈には「バスト誹謗」の流出被害も…

 厳しい採用試験をくぐり抜けても、局内で激しい“生存競争”にさらされるのが局アナの世界。時にはライバル同士がバチバチと火花を散らしては周囲をヒヤヒヤさせていた。

 ファースト写真集「すみにおけない」(集英社)の大ヒットにとどまらない。9月4日に開催されたファッションイベント「東京ガールズコレクション」では、モデルとして初ランウェイを披露するなど、フリーアナの枠に収まらない活躍を見せる鷲見玲奈(31)。だが、古巣のテレビ東京では、同僚アナから嫉妬の対象になっていたようで、

「昨年9月にはツイッターで匿名のアカウントが音声データをアップ。それはアナウンス室内で局アナたちの会話をこっそり録音したもののようで、鷲見のグラマラスな容姿に触れて『おっぱいで(番組に)出てて』と、誹謗するような内容も含まれていました。なお、会話の主とされる2人の局アナは、特に処分を受けることなく、今なお活動しています」(芸能関係者)

 20年6月には、鷲見自らがSNSで後輩アナの話題を取り上げ、

「鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ」

 とコメントしたものの、その反響の大きさに驚いたのか、慌てて削除するという失態を見せたことも。

 こうした経緯もあって、音声を流出させたのは被害者である鷲見ではないか──。一部ではそんな声も上がったが、本人は真っ向から否定。たしかに、危険を冒してまで後輩の“おっぱい発言”をおおっぴらにするとは考えにくい。芸能ジャーナリストの竹下光氏が語る。

「鷲見は局アナ時代から身に覚えのない不貞疑惑にさらされ、番組降板の憂き目にあっている。ドロドロした人間関係に嫌気がさしてテレ東を退社したそうですが、今の活躍ぶりを見ると、その選択は正解だったと言えます」

 テレ東出身のフリーアナといえば、大橋未歩(43)も活躍の幅を広げているが、

「鷲見にしても大橋にしても、古巣・テレ東の番組に起用されることは極めて稀。経費削減という面もありますが、やはり局アナからの大反発を招きかねないとの理由で、OBは使いづらいと聞いたことがあります」(竹下氏)

 フリー転身はドロドロした人間関係のリセットという意味合いもあったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!