スポーツ

「日本競馬界3大遺恨」が有馬記念で大激突!(3)

20131226c

 これを後押しするようにバックアップ役を担ったのが、現在は調教師となっているかつての騎手仲間だった。競馬ライター・兜志郎氏が解説する。

「角田晃一師(43)、松永幹夫師(46)などが、みずからが管理する社台生産馬を武に回しているのです。落馬して不調に陥った時から武のことを気にしていたようですから」

 角田厩舎では例えば、アントニオピサで9月29日、10月14日の条件戦に出走している。松永厩舎にいたっては、クレアドール(11月23日)、イリュミナンス(4月21日、6月8日、11月17日)、フェルメッツァ(7月20日、10月26日)、カーヴィシャス(8月17日、9月28日)、サダムサロペット(4月20日)、レッドアモーレ(3月23日、4月6日)、アルディエス(3月24日)・・・・といった具合なのである。

 こうした“裏工作”も奏功し、社台との「復縁」「手打ち」に至った──。

 馬産地関係者は言う。

「実は社台は、武が不調の時から手腕、つまり能力そのものは認めていました。今は(社台お気に入りの)岩田康誠(39)が乗れていないので、ジャパンカップ(GI・11月24日)に出走したジェンティルドンナあたりなら岩田でも勝てるのに、あえて降ろして外国人(ムーア)に乗り替わった。そんな感じですから、武に対しても一時のヘンな感情は消え、合う馬は回すということになっています」

 ジャパンカップダート(GI)が行われた12月1日、ホテルニューオータニ大阪で、恒例の社台グループのパーティが催された。パーティ関係者が明かす。

「これは会員の集いでもあり、競馬関係者や馬主、騎手らも参加します。騎手全員が壇上に上がり、騎手を代表して挨拶をしたのは武でした。『GI100勝の武豊です』との自己紹介でツカミはOK。続けて『今日は社台さんのパーティということで、空気を読んで2着にしました』と言って笑いを取っていましたよ」

 ジャパンカップダートで、武はワンダーアキュートに騎乗して2着。1着は社台レースホース所有のベルシャザールだった。

「来年は(社台からの騎乗依頼は)もっと増えるでしょうね。例えば、社台御用達の騎手がケガでもした時には、武に回ってくる可能性もあると思いますよ」(トラックマン)

 天才に強い馬が回ってくれば、結果が出るのは明らかだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!