スポーツ

「日本競馬界3大遺恨」が有馬記念で大激突!(3)

20131226c

 これを後押しするようにバックアップ役を担ったのが、現在は調教師となっているかつての騎手仲間だった。競馬ライター・兜志郎氏が解説する。

「角田晃一師(43)、松永幹夫師(46)などが、みずからが管理する社台生産馬を武に回しているのです。落馬して不調に陥った時から武のことを気にしていたようですから」

 角田厩舎では例えば、アントニオピサで9月29日、10月14日の条件戦に出走している。松永厩舎にいたっては、クレアドール(11月23日)、イリュミナンス(4月21日、6月8日、11月17日)、フェルメッツァ(7月20日、10月26日)、カーヴィシャス(8月17日、9月28日)、サダムサロペット(4月20日)、レッドアモーレ(3月23日、4月6日)、アルディエス(3月24日)・・・・といった具合なのである。

 こうした“裏工作”も奏功し、社台との「復縁」「手打ち」に至った──。

 馬産地関係者は言う。

「実は社台は、武が不調の時から手腕、つまり能力そのものは認めていました。今は(社台お気に入りの)岩田康誠(39)が乗れていないので、ジャパンカップ(GI・11月24日)に出走したジェンティルドンナあたりなら岩田でも勝てるのに、あえて降ろして外国人(ムーア)に乗り替わった。そんな感じですから、武に対しても一時のヘンな感情は消え、合う馬は回すということになっています」

 ジャパンカップダート(GI)が行われた12月1日、ホテルニューオータニ大阪で、恒例の社台グループのパーティが催された。パーティ関係者が明かす。

「これは会員の集いでもあり、競馬関係者や馬主、騎手らも参加します。騎手全員が壇上に上がり、騎手を代表して挨拶をしたのは武でした。『GI100勝の武豊です』との自己紹介でツカミはOK。続けて『今日は社台さんのパーティということで、空気を読んで2着にしました』と言って笑いを取っていましたよ」

 ジャパンカップダートで、武はワンダーアキュートに騎乗して2着。1着は社台レースホース所有のベルシャザールだった。

「来年は(社台からの騎乗依頼は)もっと増えるでしょうね。例えば、社台御用達の騎手がケガでもした時には、武に回ってくる可能性もあると思いますよ」(トラックマン)

 天才に強い馬が回ってくれば、結果が出るのは明らかだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!