芸能

深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ

 適応障害を理由に、主演ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)を降板した深田恭子に代わり、比嘉愛未が無事に大役を務めた。残念ながら視聴率は低空飛行となったものの、芸能界には隠れた交代劇が山ほどある。古参のシナリオライターが言う。

「夏目雅子さんの出世作で、『ナメたらいかんぜよ!』のセリフも流行語になった映画『鬼龍院花子の生涯』(82年、東映)は、もともと大竹しのぶが主演の予定だった。ところが、東映の撮影所は怖いと言い出して降板。このことに憤慨した監督や脚本家の執念で、ヒット作になりました」

 ブレイクの陰にはピンチヒッターあり。ドラマの世界では数多いと、さる映像プロデューサーは言う。

「常盤貴子がブレイクした『悪魔のKISS』(93年、フジテレビ系)は、当初、松雪泰子が演じる予定でした。ところが、伝説となった大胆場面があるために辞退。また『高校教師』(92年、TBS系)でヒロインの女子高生を演じた桜井幸子も、予定されていた観月ありさが父親との禁断場面があるため、断ったことでチャンスをつかみました」

 予想外のヒット作となった「ショムニ」(98年、フジテレビ系)は、すかさず松竹で映画化が決定。ところが、ドラマ主演の江角マキコが「聞いてないよ~」の状態で、映画出演を拒否。代わりに高島礼子が主演を務めたが、惨憺たる興行成績に終わる。女優ではないが、シーズン9まで続く「孤独のグルメ」(テレビ東京系)が松重豊でなく、当初は長嶋一茂で企画されたという意外な事実もある。

 9月21日発売の「週刊アサヒ芸能」9月30日号では、こうした芸能史の衝撃の秘話をカラーグラビアで特集している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!