芸能

深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ

 適応障害を理由に、主演ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)を降板した深田恭子に代わり、比嘉愛未が無事に大役を務めた。残念ながら視聴率は低空飛行となったものの、芸能界には隠れた交代劇が山ほどある。古参のシナリオライターが言う。

「夏目雅子さんの出世作で、『ナメたらいかんぜよ!』のセリフも流行語になった映画『鬼龍院花子の生涯』(82年、東映)は、もともと大竹しのぶが主演の予定だった。ところが、東映の撮影所は怖いと言い出して降板。このことに憤慨した監督や脚本家の執念で、ヒット作になりました」

 ブレイクの陰にはピンチヒッターあり。ドラマの世界では数多いと、さる映像プロデューサーは言う。

「常盤貴子がブレイクした『悪魔のKISS』(93年、フジテレビ系)は、当初、松雪泰子が演じる予定でした。ところが、伝説となった大胆場面があるために辞退。また『高校教師』(92年、TBS系)でヒロインの女子高生を演じた桜井幸子も、予定されていた観月ありさが父親との禁断場面があるため、断ったことでチャンスをつかみました」

 予想外のヒット作となった「ショムニ」(98年、フジテレビ系)は、すかさず松竹で映画化が決定。ところが、ドラマ主演の江角マキコが「聞いてないよ~」の状態で、映画出演を拒否。代わりに高島礼子が主演を務めたが、惨憺たる興行成績に終わる。女優ではないが、シーズン9まで続く「孤独のグルメ」(テレビ東京系)が松重豊でなく、当初は長嶋一茂で企画されたという意外な事実もある。

 9月21日発売の「週刊アサヒ芸能」9月30日号では、こうした芸能史の衝撃の秘話をカラーグラビアで特集している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道