芸能

元NMBは弟に肌着見せ!? 長濱ねるの告白で注目のアイドル「家でマッパ」事情

 意外に脱ぎたがりのアイドルは多い!?

 元欅坂46でタレントの長濱ねるが14日に放送されたバラエティ番組「セブンルール」(フジテレビ系)に出演。自宅で上はマッパでいることをカミングアウトして、共演者を驚かせた。

 番組終盤で「自分のご機嫌の取り方」について聞かれた長濱は「家に帰ってですか?服を脱ぐというか、家で服を着ずにいる」と告白。

 この長濱の予期せぬ回答に共演者たちから「え、どういう状態!?」「じゃあ、もう“ら”なんですか?」と興味を示すと、長濱は「あ、でも下ははきます」と、完全マッパではないことを説明。

 それでも「じゃあ、上は“ら”なんですか?」と確認されると、「誰もいないし、“ら”、結構多くないですか?」と、上半身は何も着ていないことを認め、共演者たちを驚かせていた。

 ただ、これはあくまで一人暮らしでの過ごし方だったようで「実家に帰っていつも通り、“ら”でいこうとしたら、お父さんに『ちょっとそんな年じゃないんだから、やめてくれ』って」と、実家に帰った際に上半身マッパで過ごしていたところ、父親に注意されてしまったという出来事もあったそうだ。

 そんな清純派アイドルの“ら族”告白だが、ファンからは「やっぱり、ねるはら族だったんか。なんか納得です」「可愛い見た目で中身は野生児のねるらしいな」「純粋にねるのパパが羨ましいです」など、意外にも”長濱らしい”といった反応が目立っていた。

「あの白石麻衣も乃木坂時代には『家では“ら族”。パンツ1枚にTシャツ』と答えていたりと、“ら族”を公言しているアイドルも実は多いです。長濱も長崎県の五島列島出身で幼少期は木登りをしていたり、欅坂時代にはタガメを躊躇なく食べ、ゲテモノ食いをなんなくこなしたりと、野生児な印象もありますから、裸族というのも納得できます。ちなみに先日、NMB48を卒業した白間美瑠は“ら族”の究極系。実家に父や兄がいてもすっぽんぽんで過ごすのが当たり前で、可愛い肌着を買った時には弟に可愛いかどうかを聞きに行くそうです」(アイドル誌ライター)

 他にも「実は“ら族”」というアイドルたちがいたら、思い切ってカミングアウトしてほしいファンは絶対に多いはずだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!