芸能

長嶋一茂、スタジオを凍りつかせた「舎人ライナー」の“読み方”勘違い

 天然トークを繰り返して話題の長嶋一茂がまたもやトンデモ発言をし、視聴者の失笑を買っている。

 10月8日の「モーニングショー」(テレビ朝日系)は、前日夜に発生した地震の被害を伝えた。脱線した「日暮里・舎人ライナー(とねりライナー)」の様子を報じると、出演していた一茂は「しゃじんライナーだと思っていた」と発言。周囲を凍りつかせたのだ。

「日暮里駅と見沼代親水公園駅を結ぶ日暮里・舎人ライナーは08年に開業。“陸の孤島”と呼ばれた足立区の西側を通り、地域住民から喜びの声が上がりました。開業当時、ニュースでもよく取り上げられたので読み方を知っていて当然かと思っていたのですが、一茂さんは知らなかったようです」(鉄道ライター)

 ネットでは一茂のおバカ発言に批判殺到かと思いきや、意外にも共感の声が寄せられている。「俺もしゃじんライナーだと思っていた」「えっ!? しゃじんライナーじゃないの?」と、一茂の読み方が正しいと思っていた人が多いようだ。

「日暮里・舎人ライナーの利用者数は東京都交通局によると令和2年度で7万5000人。これでは知らなくても仕方がないかもしれません。ましてや一茂さんは電車を利用することが少ないでしょうし、“しゃじんライナー”だと思っていても責めることはできませんね」(前出・鉄道ライター)

 それにしても、読み方を勘違いしていたことを堂々と言えるあたり、さすが一茂である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり