芸能

「Gバスト」寺本莉緒、ゴーヤを持った「サムネ画像」に妄想声が飛び交ったワケ

 寺本莉緒と言えば、Gカップの豊かなバストと愛くるしい笑顔が魅力の人気グラドル。自身のYouTubeチャンネル〈寺本莉緒オフィシャル「りおのこと。」〉でも、胸の深い渓谷のみならず、肩、二の腕、ワキ、ウエスト見せ艶やか衣装でのトレーニング動画シリーズが好評だ。

 去る1月29日投稿回では衣装越しにこんもりと盛り上がるGバストのふくらみと胸の渓谷を惜しげもなく披露し、時折苦し気に喘ぎ声をあげるといった内容が大反響。視聴者からは、《視聴者の需要を理解してる…………上から下まで全部最高っす》《無料でこんな映像見れて 良いのか、、時代に感謝》《息子がこんな凄い動画を無料で観られるなんて本当にありがとうございます! と最高に喜んでおります!》と、どさくさに紛れてケシカランコメントも呼び込みつつ、概ね大絶賛のコメントが相次いだ。そして、10月10日現在で46万回超と同チャンネル3番目の視聴回数を稼いでいる。

 ところが、この艶衣装での好評トレーニング動画は、やはり30万回近い視聴回数を稼いだ、去る4月23日投稿回以来、披露されていない。

 そんな中、去る9月24日に〈【リオ‘sキッチン】苦手克服!ソーミンチャンプル作ってみた【ごはんのこと】寺本莉緒〉と題して投稿されたクッキング動画が意外な反響を呼んでいた。

 左手に大きなゴーヤにもった寺本が、そのゴーヤに遠慮がちな視線を送るといった、“ゴーヤは苦手”を表現したサムネイル(撮影動画の縮小した見本)画像に《サムネが「え、こんなの入るかな」って感じで好き》《サムネがアツい》など、妄想コメントが飛び交ったのだ。察するに、寺本の動画に対する男性視聴者のフラストレーションは相当溜まっていることが引き起こした現象なのでは…。

 7月3日から8月7日まで放送された「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京系)では、あざとい肉食系女子を好演し、今年2度目のテレビドラマのレギュラー出演も果たした寺本。女優業進出は喜ばしいことながら、せめてYouTubeでは、あざとい艶演出を期待したいところか!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」