芸能

新天地美女アナの「最速通信簿」(3)TBS・佐々木舞音は実力ピカイチと評されたが…

 続いて「ザ・タイムダッシュ」の進行キャスターに抜擢された、入社2年目の野村彩也子アナ(24)と、1年目の佐々木舞音アナ(23)を見てみよう。

「早朝の時間帯で若手を鍛える方針を打ち出す中、野村アナには狂言師・野村萬斎の娘という看板があり、いまだにコネだと陰口を叩かれることも。ただ、新番組での堂々とした進行ぶりは貫禄すら感じさせ、確実に実力をつけています」(丸山氏)

 文句なしの高評価で通信簿は「大変よくできました」といったところ。問題が露見したのは佐々木アナだった。通信簿の前に、まずは華麗なる経歴から振り返ろう。

「上智大出身で大学2年の時に準ミスソフィアに選出。『BSフジNEWS』で学生キャスターとして出演すると、ファッション誌『CanCam』の専属読者モデルとしても活動しています。学生時代のインスタでは、ミニスカ美脚を披露していたこともありました」(織田氏)

 下馬評は21年入社でも実力ピカイチと評されたが、いざ蓋を開けてみれば何とやらである。

 10月4日の放送回で、安住アナと絡む「バズったワード デイリーランキング」のコーナーが始まると、ポンピングブレーキのごとく、喋るたびにつっかえながら進行。そんな状況で話題を振られた安住アナが、

「質問が乱暴すぎてわかりませんよ、さっきから」

 と、たまりかねてツッコみ、なんとか場の空気を和ませるのだった。

 リベンジを果たすべく佐々木アナは6日の放送で、再び同コーナーで安住アナと対峙。世界的に「インスタ」や「モバイルSuica」が不具合になった話題を取り上げた際に、この日もつっかえながら進行していたところ‥‥。

佐々木(インスタのチェックが)習慣づいてしまっていたので、ちょっと調子が狂うなって感じはします。

安住 なかなか調子取り戻さないままですよね。

佐々木 ‥‥すみません。

 ヘコむ新人に安住アナはすぐさま「愛情深く見守っていますよ」とフォローしていたが、番組に慣れるまでだいぶ時間がかかるご様子だ。ということで、通信簿は「かなりがんばりましょう」。これをバネに美脚逆襲で低評価を覆してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!