芸能

「蘇える金狼」「プリズンホテル」「めしばな刑事」…アサヒ芸能から生まれた傑作映像

 1956年10月7日に創刊された「週刊アサヒ芸能」は、出版社系週刊誌としては日本で2番目に古く、今も娯楽雑誌として多くの読者を魅了する。毎週の記事やグラビアだけでなく、連載の小説やマンガ、ドキュメントノベルも大きな魅力だが、ドラマ化・映画化された作品も少なくない。創刊号から連載が始まった小島功氏の4コママンガ「仙人部落」は、2800回を超えるギネス級の長寿連載になった。

「深夜アニメの先駆けとして60年からフジテレビでオンエアされました。さらに61年には新東宝で実写映画化され、まだ無名だった菅原文太も出演しています」(コミック編集者)

 実に3年半もの人気ドラマとなったのは、実在する実業家の熱血エピソードをベースにした「どてらい男」(原作・花登筺)だ。71年に連載が始まり、73年から西郷輝彦主演でフジテレビ系列でドラマ化された。

「西郷の『よおし、やったるわい!』の決めセリフは流行語になり、その爽快感は、あの『半沢直樹』のルーツになったと言われています。西郷自身も、その後、次々と主演を張る分岐点になりました」(ドラマ評論家)

 さらにハードボイルドの旗手・大藪春彦氏も若くして連載を始め、松田優作主演の「蘇える金狼」(79年、角川映画)と、草刈正雄主演の「汚れた英雄」(80年、角川映画)は、ともに高い人気を集めた。

 そして現在も好評連載中のグルメマンガ「めしばな刑事タチバナ」(作・坂戸佐兵衛 画・旅井とり)は、13年に佐藤二朗主演でドラマ化(テレビ東京系)。深夜の「飯テロ」を誘発している。10月26日発売の「週刊アサヒ芸能」11月4日号では、ほかにも映像化された作品をカラーで紹介。永久保存版である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!