芸能

ウーマン村本、松田ゆう姫と“熱愛”発覚で「炎上上等」キャラは完全封印か?

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔と、故・松田優作さんの長女でアーティストの松田ゆう姫の熱愛を、11月26日発売の「女性セブン」が報じた。同誌は2人の仲睦まじい2ショットを掲載。双方の所属事務所も交際を否定しなかった。

 この報道に対し、村本は同日、「おれの恋愛事情なんかに、スルーするな、説明しろ、とか叫んでくるアホがいるけど、安倍総理の桜を見る会の前夜祭の補填の件や菅総理の学術会議任命拒否の件こそ説明しろと言えよ。今、説明するのはおれじゃなくて菅ちゃんと安倍ちゃんな」とツイート。

 いつもの村本らしい反体制的な発言だが、同じ26日にインスタグラムでは、自身の交際報道について「プライベートはほっといてくれ」と投稿したものの、その後、「こんな仕事しといてほっといてくれというのも言葉がきついと思った」と訂正。「『おれのプライベートに口出すな、ほっといてくれ』と僕は言ったけどよく考えたらおれだって誰かのプライベートに口出んだから、都合良すぎたな。みんな『好きなこと話させろ、好きなこと話す 俺たちのことほっといてくれ』になるな」と、“らしくない”反省の弁を投稿しフォロワーを驚かせている。

「村本は24日にルミネで単独ライブを開催しましたが、この段階ですでに報道が出ることを知っていたのは確実。しかし、これまでの彼ならライブで熱愛報道についてネタにしてもおかしくないのに、まったく触れなかったとか。松田優作さんが父である松田の家族は、母が松田美由紀、兄が松田龍平、翔太の芸能一家。松田家に迷惑をかけないよう“炎上上等”の姿勢を抑えているとの見方があります」(夕刊紙記者)

 ともあれ、今後の交際の行方が注目される。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え