芸能

寺島しのぶ「首絞めプレイ」で本当に逝った!?女優“非日常の情交”場面総覧

 ちょっとした非日常から何でもアリの完全倒錯まで。日本映画はアブノーマルプレイの宝庫である。その痴態場面の数だけ、女優たちは禁断の向こう側へと堕ちていったのだ。

 一度その味を知ったら、もう引き返せない─アブノーマルな趣味の持ち主は、女性にそうささやくことが多い。寺島しのぶが「愛の流刑地」(07年、東宝)で演じた既婚者は、まさに引き返せなくなった典型例だ。

 寺島はファンだった小説家の豊川悦司と一線を越えてしまう。何度も逢瀬を重ねるうちに「首絞めプレイ」にハマッていく。ある晩、また絶頂感を得たくなった寺島は「本当に好きなら、首を絞めて」と叫ぶ。女性が上になる形でつながったまま、豊川は下から両手で首を絞め上げた。髪を振り乱し、「アーッ」と叫ぶとガクガクと体をくねらせた寺島は悦楽の表情のまま、本当にあの世に逝ってしまったのだ。

「映画業界では、寺島のイキ顔は『演技ではなく本物だったのでは』と、いまだに語られるほど、迫真のプレイでした」(沖氏)

 犯罪めいたアブノーマルシーンは他にもある。例えば、小島聖が体当たりの熱演を見せた映画「完全なる飼育」(99年、東京テアトル)もそのひとつ。竹中直人が演じる男に、女子高生の小島は誘拐されて部屋に閉じ込められる。が、極限の状態で小島は、竹中を愛してしまう。それからというもの、竹中に突かれるたびに「アウッ」と体を弾ませて喜ぶ異様さには度肝を抜かれた。

 さらに風吹ジュンとなると、より犯罪性が高いアブノーマルプレイを演じている。映画「蘇える金狼」(79年、東映)で、巨大資本乗っ取りを企む松田優作にドラッグを仕込まれ、“情交漬け”にされてしまうのだ。

 ベッドでの濃密プレイに留まらず、トイレの便座に座る松田にまたがり、対面で合体。その体勢は完全に「駅弁スタイル情交」である。ここで松田が立ち上がっていれば、かの村西とおる監督は「元祖」を名乗れなかったはず。ただ、風吹の反応はドラッグのせいで、並みの艶系ビデオを超えていた。朝方のバック突きで、風吹はシビれすぎて意識朦朧の中、妖しい恍惚の表情を浮かべる。

 公開から10年後、本誌に風吹は、「演技というより、そのままの自分を出した」と語っている。

 高島礼子が「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)で見せたホテル窓際での立ち姿でのバック。この見せつけプレイの好事家は多い。

 また、映画「愛の渦」(14年、クロックワークス)で門脇麦は、男女入り乱れるプレイを熱演。某サイトの調査では20代男性の15%強が3P以上の性的行為の経験者というから、日常の延長になりつつあるのが現状なのか。

 芸能評論家の沖直人氏によると、ともにフル脱ぎで「未知の快楽に襲われる姿」はアブノーマルそのものだとのことだ。高島は「誰かに見られているかもしれない、興奮するわ」と、窓際からベッドに移ると、男の下になっている最中に、「足の親指を引きつらせてイキ果てます」という。また門脇も男の上になる形ででつながって、「激しいアエギ声で悶えまくる」(沖氏)という。下腹部から全身へと快感が伝わる様子を見て「興奮しない男はいませんよ」(沖氏)とのことである。

 元AKB48の篠田麻里子も、男たちを興奮の坩堝へと押しやった。

 それは映画「ビジランテ」(17年、東京テアトル)で「車内情交」を披露した時のことだ。人けのない高速道路沿いの山林に停まる1台の車。ユッサユッサと揺れる車体を捉えたカメラはゆっくりと車中へ。まさに助手席の篠田の上で夫役の鈴木浩介が上になる形でピストン中。激しくなる腰の動きに、篠田のアエギ声は大きくなる。胸元をはだけさせ、赤の胸用肌着の紐がかかる鎖骨付近がピクつき始める。すると、感極まって「中に出して」と叫んでイッてしまったのだ。

「情事中、篠田は男の下に組み敷かれるが、事後に下腹部から漏れ出そうになる白濁液を鈴木にティッシュで拭かせるあたりは『上からマリコ』の面目躍如です」(芸能ライター)

 元国民的アイドルグループのメンバーが車中で生で出される艶技を見るにつけ、アブノーマルと正常の境界はますます曖昧になっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美