芸能

芳根京子、ミキ昴生をメロメロ骨抜きにした“隠れ魔性の女”な心遣いとは!?

 お笑いコンビ・ミキの昴生が、11月13日放送のラジオ「ミキの深夜でんぱ!」(文化放送)で、清純派のイメージが強い女優・芳根京子の“隠れ魔性の女”っぷりを発揮したとも言える所作に、メロメロになったことを報告している。

 この日、「こんなエエ子やったと思ったのが芳根京子ちゃん」という昴生。芳根のインスタグラムはフォローしていたというが、2、3カ月前、ダウンタウン浜田雅功の番組で、芳根と初めて共演したそうだ。

 昴生が彼女に「フォローしてます」と告げると、芳根も「どうしてフォローしていただいたのか気になってた」「いつかお会いしたかった」と返していたそうだ。

 そして先々週、都内のスタジオにある番組収録に行った彼は、戻ってきた楽屋にA4の紙が置いてあるのに気づく。

 それは芳根からの手紙。その文面には、「昴生さん、いつもインスタの『いいね!』ありがとうございます。とても嬉しいです。楽屋を見つけてお会いできるかなと思ったのですが、入れ違いになってしまいました。またお会いできるよう頑張ります」と書かれていたという。

 ラジオのブースに本物の彼女の手紙を持ち込んだのか、文面を読み上げながら、昴生は「もうキュン死に!」と大興奮。「そんな人今までおった?」と問いかけた。

 すると弟の亜生も、「芳根京子ちゃん、知らんで!そんなことして。お兄ちゃんがどんな行動に出るか」と、芳根への思いを募らせてストーカーになってしまうすことを心配したかのようにこう話した。

「どうするつもりや!うちのお兄ちゃん。お兄ちゃんが、イキすぎてイキすぎて何か起こしてもうても、俺は『お兄ちゃん悪ない』言うよ。芳根京子ちゃんが悪いわ!」と、冗談交じりで芳根に呼びかけたのだ。

 昴生も「どうするつもり、こんな好きにさせて…」と、一方的に“恋心”を燃やしていると笑っていたが、ただ最後は芳根の「気配り」を絶賛。昴生は「そういう子やねん。芸能界のトップに立つ人って何の天才かといったら人たらしの天才。それ、天然でできんねん」と褒めちぎっていた。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画