芸能

清原果耶、民放ドラマ初主演決定でも周囲が固唾をのむ“2つの懸念”

 女優・清原果耶の次回作が、「ファイトソング」(TBS系)に決まった。22年1月期の連続ドラマで、火10枠のヒロインで、これが民放ドラマ初主演となる。

 同ドラマは人気脚本家の岡田惠和氏によるラブコメディーで、同氏にとって初のオリジナル脚本となる。空手日本代表の夢に挫折したスポ根女子(清原)が、無類の明るさとド根性で逆境をはねのけていく成長物語。癖ありミュージシャンとの出会いがきっかけで、幼なじみも巻き込んでの三角関係が展開していくという。

 清原は「演じたことのない役柄の女の子との出会いでこれからとても楽しみですし、新しい一面を見せられたら。自分にできることを120%出せたらいいな」と意気込み、初挑戦の空手についてもすでに猛特訓を開始し、半端ない筋肉痛と戦う日々を過ごしているとか。

「今年5~10月まで放送されたNHK朝ドラ『おかえりモネ』の主役を無事務め上げた清原にとっては、申し分のないポストでしょう。ただ関係者が警戒しているのは、大なり小なりのスキャンダルや炎上だとか。『おかえりモネ』では、共演した坂口健太郎がそばにいるだけで“機嫌がいい”といった話題だけで、坂口ファンからバッシングを受けそうになりましたからね。それだけ注目と人気が集まっているだけに、十分に警戒しなくてはならないようです」(芸能ライター)

 清原には、新ドラマに臨むにあたり、気をつけなければならないことがもう一つあるという。

「彼女は万人が認める美少女だけに、喜怒哀楽が表に出ない役を得意としてきましたが、今度の作品は180度真逆の役。脚本の岡田氏も『思い切りガンガンしゃべって、からっと怒って、けらけら笑って、思い切り走って、叫んで』といった“動”の役にすると張り切っています。これまでのような憂いを秘めた表情一辺倒では全く通用しないだけに、真価が問われることになりそうです」(テレビ誌ライター)

「ファイトソング」は清原果耶にとって、朝ドラ女優から演技派女優へ駒を進める試金石となる。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像