芸能

小栗旬「社長就任」へ向けた「所属俳優陣を連続キャスティング」の腕前

 小栗旬主演のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の視聴率が毎話2桁台と、手堅い数字を出している。脚本家の三谷幸喜氏ならではの、まるで現代ドラマのようなセリフや演出に加え、コミカルさも織り交ぜているのが見やすくてウケているようだ。

「登場人物が多すぎて、覚えるのが大変」という指摘があるなど、歴史好きでも音を上げそうな人物関係図が「難あり」なのだが、タイトルにある「13人」の面子が4月でやっと出揃い、これからますます見応えが出てきそう。

 実力派俳優としての地位を築きつつある小栗に関して、ベテランの芸能ライターは、次のような指摘をした。

「小栗は昨年10月期の民放連ドラ『日本沈没』(TBS系)でも、主演として満足できる数字を残しました。この八面六臂の活躍ぶりは近い将来、所属する事務所の社長に就任する予定であることも、理由としてあるでしょう」

 この芸能ライターがさらに言及したのが、小栗と同じ所属事務所の俳優陣についてで、

「例えば今クールでは、間宮祥太朗が『ナンバMG5』(フジテレビ系)で、ゴールデン・プライムタイムで単独初主演を果たしています。間宮は前クールの火10『ファイトソング』(TBS系)でも、主演・清原果耶の相手役を務めていました」

 火曜10時の枠は、昨年10月期「婚姻届に判を捺しただけですが」でも、主演・清野菜名の相手役を、これも小栗と同じ事務所の坂口健太郎が務めていた。さらに、同枠で現在放送中の「持続可能な恋ですか?」(TBS系)でも、主演・上野樹里が恋するお相手は、やはり田中圭だ。

「ジャニーズ枠」など、ジャニーズ事務所のアイドルが毎クール出演するドラマ枠はある。しかし、件の火10枠に関しては、そのジャニーズを含む他の大手芸プロなどの俳優が交代で出演していたはず。小栗の事務所が3クール連続でヒロインの相手役なのは、異例なのではないか。芸能プロ関係者が明かす。

「同事務所の看板俳優である綾野剛も、今話題の暴露系YouTuberなどにヤリ玉に挙げられてはいるものの、ここ数年は主演作が目白押し。現在はまだ取締役で社長業の準備中ではあるものの、小栗のマネージメントぶりが関係していない、といったらウソになると思いますね。とある大手芸能プロのように、トップが交代すると、それに伴って女優や俳優陣が次々と独立や退社をする、という話はよく聞きます。でも小栗の社長就任に対して、そのような雑音は今のところは聞かれません」

「共演NG」がいない、とも囁かれる人たらしな小栗の「俳優の労働組合を作りたい」という熱い想いが、事務所全体を盛り上げているのかもしれない。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ