芸能

松本人志とくりぃむしちゅー、アルコ&ピースが明かす「意外な共通点」とは?

 お笑いコンビ・アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)と言えば、ビートたけし、ナインティナインらが司会を務め、2011年から14年まで開催された漫才のコンクール「THE MANZAI」において、11年、12年の決勝大会に連続出場。12年には3位に入り、また13年に開催されたコント師のコンテスト大会「キングオブコント」でも決勝大会で7位に入るなど、安定した実力と人気を兼ね備えたコンビだ。

 昨今では、平子扮する〈意識高い系IT社長・瀬良明正〉のキャラがテレビウケし、ネットでも評判を呼んでいるが、テレビプロデューサーや演出家など多彩な顔を持つ佐久間宣行氏のYouTubeチャンネル〈佐久間宣行のNOBROCK TV〉に、アルコ&ピースが出演。仕事しやすいMCの1組に、くりぃむしちゅーの名前を挙げ、ダウンタウン・松本人志との共通点について語っている(21年11月13日付け投稿回)。

「(くりぃむしちゅーは)ビックリするほど、スゴい精度で返してくれる」と言う平子。さらに、

「すごい人って、その精度を精度と思わせない感じ。軽くボソッて言ってることがものすごいっていう…。一般の人が見たら、『自分もできるかな』って思わせるって言うか…。(ダウンタウンの)松本さんもそうじゃないですか?一般の人に、『何かできそう』って思わせるぐらいの…でも、現場来たらできるわけがないっていう…」

 と、双方の玄人芸を感嘆交じりに口にした。

「例えツッコミ」の妙手としてMCで引っ張りだこの上田晋也に注目が集まりがちだが、有田哲平の「場を読む」ボケとプロデュース力にも定評がある。

 なぜかテレビで目にしない感のあるダウンタウンとくりぃむしちゅーの共演。こんな話を聞くと、テレビでもYouTubeでも構わないから両コンビの“夢の共演”を観たくなってくる。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化