芸能

田中裕二、番組の流れに配慮ナシ!“実はヤバい”素顔/坂下Dの「地獄耳」芸能

 爆笑問題の太田光といえば、“ぶっ飛んだ言動”が目立つ。後輩が楽屋に挨拶に来れば、エアガンを向けて威嚇したり、放送直前に共演者のイチモツを思いっきり掴むこともある。カットできない生放送になると、やたらと張り切る。出番のないコーナーに乱入し、用意されていた団体芸を邪魔し、明石家さんまからは本気の説教も受けている。

 一方、相方の田中裕二は、太田への的確なツッコミから引き立て役としての評価が高く、近年ではピンでのMC業もうまくいっている。一見、不良と優等生のコンビのように思えるが、芸人の間では「本当にヤバいのは田中のほうだ」という意見が少なくない。

 ハライチの岩井勇気は、「太田さんがあんな暴れるのに、どこか太田さんのほうがしっかりしてそうに思える」と吐露しており、長年の付き合いのある伊集院光に至っては「太田光もどうかしてますけど、本当にどうかしてるのは田中裕二なんですよ」と、何度もきっぱりと言い続けている。

 爆笑問題がパーソナリティーを務めるラジオショッピングのコーナーで、ホームベーカリーの販売員が「田中さんみたいなお野菜嫌いなお子さんでも、パン生地の中にお野菜を練り込むと、おいしく食べられますよ」とアピールし、さらに太田が「(田中の嫌いな)椎茸とかもこれに入れたら絶対においしく食べられるよな!」と勧めると、田中は商品を販売するコーナーにもかかわらず「それは無理!」と、言い切ってしまったことがある。

「だけど、このベーカリーだったら、おいしく食べられるかもしんないだろ?」と、太田が場の流れを取り戻そうとしても「絶対においしくない。椎茸パンは無理」と最後まで言い続けた。そんな田中の態度に対し「爆笑問題がなんで売れたのかがわからない」と伊集院は言っていた。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ