芸能

広瀬すず、最新映画「DV性暴行場面」初公開(2)殴られ蹴られ、キャミソールを…

 芸能生活10周年を迎える広瀬すずの5月公開の新作映画「流浪の月」の“中身”が早くも話題になっている。赤裸々な原作を凌ぐすずの「DV性暴行」衝撃シーンが注目されているのだが、「流浪の月」を撮ったのは李相日監督。

 李監督は、すずの壮絶なハードシーンを約6年前にも撮っている。その作品「怒り」(16年/東宝)のオーディションで、女子高生・小宮山泉役を勝ち取ったすずは、厳しいことで知られる李監督のもと、千本ノックを受ける気持ちで現場に入ったが、想像以上に過酷だったようだ。

「共演者は渡辺謙、森山未來、妻夫木聡、松山ケンイチ、宮崎あおいら、主演級の実力者ばかり。そんな中、初日からカメラを回してもらえず、役の感情を理解するまでリハーサルが続き、毎日ボロクソに言われたそうです」(映画ライター)

 昨年11月に出演したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)の中でも、「怒り」での李監督とのエピソードに触れ、ラストシーンを撮影した際、

「誰もいないところに呼ばれて、すごい冷静なトーンで『この映画、壊す気?』って言われて」

 と明かし、「もはや悔しいというより恐怖でした」と振り返り、笑っていた。

 愛情溢れるスパルタ指導で急成長したすずは「怒り」の中で壮絶な「性暴行される」シーンに挑戦し、一皮むけた演技で評価を上げる。

 沖縄の離島で暮らす女子高生・泉が本島に出かけた日の夜、人気のない公園で2人の米兵に襲われてしまう。ブランコの近くで力ずくで押し倒されると、1人の男が後ろから羽交い絞めにして口を手で押さえ、もう1人の男がスカートをまくり上げ、冷笑を浮かべながら「挿入」されてしまうのだ。

「かなりリアルに描かれ、涙を流しながら屈辱に耐える迫真の演技力に圧倒されました」(秋本氏)

 スクリーンで思わず息を呑んだ観客も多かったことだろう。「流浪の月」では、それを凌ぐ形で描かれているという。

 クライマックスの「キャミソール姿での性暴行」場面は、これまでの元気いっぱいのすずのイメージを一変させられるようなシーンだ。

 恋人の亮に不信感を抱いて関係が悪化し、気持ちが離れていたタイミングでのこと。同居中の自宅で亮が豹変し、更紗は顔を殴られ、横っ腹や腰、太腿を蹴られ続け性暴行されたまま‥‥。

〈半袖のシャツの裾から亮くんの手が入ってきて、キャミソールもめくりあげて直接肌に触れてくる。全身に鳥肌が立つ。やめて、とようやくかすれた声が出た。

(中略)わたしの意志とは関係なく行為が進んでいく〉

 朦朧としていた意識が戻ってくると、覆いかぶさっている亮の頭に花瓶を叩きつけ、マンションから走って逃げ出し、乱れた衣服を直すのだった。

「怒り」の公開から6年後、DV男から性暴行されるシーンをすずがどんな演技で表現するのか。映画関係者や原作ファンが熱く注目しているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!