芸能

広瀬すず、最新映画「DV性暴行場面」初公開(2)殴られ蹴られ、キャミソールを…

 芸能生活10周年を迎える広瀬すずの5月公開の新作映画「流浪の月」の“中身”が早くも話題になっている。赤裸々な原作を凌ぐすずの「DV性暴行」衝撃シーンが注目されているのだが、「流浪の月」を撮ったのは李相日監督。

 李監督は、すずの壮絶なハードシーンを約6年前にも撮っている。その作品「怒り」(16年/東宝)のオーディションで、女子高生・小宮山泉役を勝ち取ったすずは、厳しいことで知られる李監督のもと、千本ノックを受ける気持ちで現場に入ったが、想像以上に過酷だったようだ。

「共演者は渡辺謙、森山未來、妻夫木聡、松山ケンイチ、宮崎あおいら、主演級の実力者ばかり。そんな中、初日からカメラを回してもらえず、役の感情を理解するまでリハーサルが続き、毎日ボロクソに言われたそうです」(映画ライター)

 昨年11月に出演したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)の中でも、「怒り」での李監督とのエピソードに触れ、ラストシーンを撮影した際、

「誰もいないところに呼ばれて、すごい冷静なトーンで『この映画、壊す気?』って言われて」

 と明かし、「もはや悔しいというより恐怖でした」と振り返り、笑っていた。

 愛情溢れるスパルタ指導で急成長したすずは「怒り」の中で壮絶な「性暴行される」シーンに挑戦し、一皮むけた演技で評価を上げる。

 沖縄の離島で暮らす女子高生・泉が本島に出かけた日の夜、人気のない公園で2人の米兵に襲われてしまう。ブランコの近くで力ずくで押し倒されると、1人の男が後ろから羽交い絞めにして口を手で押さえ、もう1人の男がスカートをまくり上げ、冷笑を浮かべながら「挿入」されてしまうのだ。

「かなりリアルに描かれ、涙を流しながら屈辱に耐える迫真の演技力に圧倒されました」(秋本氏)

 スクリーンで思わず息を呑んだ観客も多かったことだろう。「流浪の月」では、それを凌ぐ形で描かれているという。

 クライマックスの「キャミソール姿での性暴行」場面は、これまでの元気いっぱいのすずのイメージを一変させられるようなシーンだ。

 恋人の亮に不信感を抱いて関係が悪化し、気持ちが離れていたタイミングでのこと。同居中の自宅で亮が豹変し、更紗は顔を殴られ、横っ腹や腰、太腿を蹴られ続け性暴行されたまま‥‥。

〈半袖のシャツの裾から亮くんの手が入ってきて、キャミソールもめくりあげて直接肌に触れてくる。全身に鳥肌が立つ。やめて、とようやくかすれた声が出た。

(中略)わたしの意志とは関係なく行為が進んでいく〉

 朦朧としていた意識が戻ってくると、覆いかぶさっている亮の頭に花瓶を叩きつけ、マンションから走って逃げ出し、乱れた衣服を直すのだった。

「怒り」の公開から6年後、DV男から性暴行されるシーンをすずがどんな演技で表現するのか。映画関係者や原作ファンが熱く注目しているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!