社会

経済規模はニャンと2兆円!?コロナ危機を救う「ネコノミクス」の全貌とは

 長引くコロナ不況下、日本経済を救うべきすっくと立ち上がったのは、ニャンと猫だった!寅年に突如「ネコノミクス」(猫の経済効果)が躍動しているというのだ。関西大学・宮本勝浩名誉教授によれば、22年の「ネコノミクス」は1兆9690億円にも上るという。「2012年全国犬猫飼育実態調査結果」(社団法人ペットフード協会調べ)によれば、21年の飼い猫は「約894万頭」、20年の「862万頭」より32万頭も増加しているのだ。

 宮本教授はこう主張する。

「“1兆円を超える経済効果”の計算は非常に少ない中で、『ネコノミクス』は非常に大きな額である。小さなネコの飼育費用は家庭にとっては小さいものであるが、日本全体となるといかに大きな金額になるかということが良くわかる。つまり、各家庭での積み重ねが日本経済全体を動かす原動力になるのである」

 はたして、見回してみればドラマ、映画、書籍・雑誌…気づけば猫関連の作品が目白押し。このほか、CMで活躍するスター猫、猫専門書店、猫専用軽自動車、さらには猫検定、猫ふるさと納税、猫プラネタリウムなどなど、思わず猫かわいがりしたくなる猫関連ビジネスが、確かに世にあふれているのだ。その詳細は、3月8日発売の「週刊アサヒ芸能」3月17日号で詳しく報告するニャ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから