女子アナ

水卜麻美“フリー断念”で弘中綾香に群がる“巨額契約金”業界オファー

 日本テレビを支えてきた桝太一アナが今年3月を持って退社し、フジテレビからも久慈暁子アナと、すでにアナウンサーを卒業していた久代萌美さんが退社を発表。さらにテレビ朝日でも「報道ステーション」で活躍した富川悠太アナが独立することが明らかになっており、いま、民放各局はアナウンサーの退社続出に怯えているという。

「桝アナは研究職への転身ということで厳密にはフリーアナウンサーになるわけではないですが、それにしても急激にアナウンサーが辞めていく現状に歯止めがかかりません。民放各局では、テレビ業界が下火の中で経費削減のためにさまざまな番組でタレントの代わりにアナウンサーを使いたいところ。しかし、アナウンサーたちからしたらどれだけ働いてもさほど給料が上がらない現状に嫌気がさしている。今後もどんどんアナウンサーが辞めていく恐れはあります」(民放関係者)

 そんな中で、独立してフリーアナウンサーになることを期待されているのが日テレのエース・水卜麻美アナだ。

「芸能事務所としては、すぐに金になる民放局出身のフリーアナウンサーが欲しい。一方でアナウンサー側は、景気が悪い中でフリーを選ばず一般職を選ぶケースも多い。富川アナもトヨタ自動車への転職が噂されています。そんな事情もあり、フリーアナウンサーの争奪戦が繰り広げられるようになっている。中でも、もっとも稼げると言われるのが日テレの水卜アナです。フリーになればすぐにCM契約も取れるので、初年度から1億円プレイヤーになれると言われている。実際、大手芸能事務所の幹部が会食などを通じて秘密裏にオファーしているといいますが、水卜アナは日テレに残ることで心を決めているようで良い返事はもらえていないようです」(民放関係者)

 交渉がまとまらなそうな水卜アナに変わり、多くの芸能事務所が標的にしているのが、テレビ朝日の弘中綾香アナだという。

「弘中アナはフリーになるつもりはない素振りを見せていますが、書籍を発売するなど常に自分の市場価値を計算している。しかも、番組で共演してキャラもかぶっている田中みな実が女優業を本格的に進めることを聞いているので、いまがフリーになる最後のチャンスだとわかっています。実際に弘中アナには芸能事務所がコンタクトを取っていて、中には数千万単位の契約金を払ってもいいと考えている事務所もあるようです」(民放関係者)

 局アナでありながら、タレント同様の活躍をしている弘中アナ。フリーに転身する日は、そう遠くない未来のようだ。

(渡邊伸明)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…