芸能

本田望結、“胸にマイクを挟んだ”大人ボディ写真への「タマらん!」絶賛声と“懸念”

 3月19日、女優でフィギュアスケーターの本田望結が、インスタグラムを更新。最新ショットを披露しファンを喜ばせたのだが、一方で不安の声もあがっている。

「本田は白のパーカーにピンクの上着を着た写真を5点アップしているのですが、男性ファンの注目を浴びたのが、胸の前でマイクを握りしめたカット。その両手が胸の下あたりに食い込ませたことにより大きな膨らみが露わになっているんです。ネット上では《望結ちゃん、どんどん成長してるなぁ》《もう完全に大人のボディ。マイクが挟まっててタマらん》《これぐらいの体型が俺的にはベスト!》などと興奮と絶賛の声が飛び交っていましたね」(エンタメ誌ライター)

 指摘にあるように、最近では、その可愛らしさとともに大人への急成長ぶりがファンをもザワつかせている本田だが、こんな懸念も出ているという。

「彼女は10日、インスタのストーリーズで、『ダイエット敢行中』『少々お待ちください』などと綴っており、少々体重を気にしている様子。今回の写真を見る限り、そのダイエットの成果はまだ出ていないようですが(笑)、痩せたことによりせっかくグラマーに進化したボディのメリハリが減ってしまわないかと、心配する声は多いようです。身長の方はすでに姉の真凜を超えた164センチで、今もグングン伸びている様子。それだけに、あまり体重を落とし過ぎて痩せ型になってしまわないことを祈るばかりです」(芸能ライター)

 とはいえ、フィギュアスケーターとしてはまだまだ現役続行の意向を示している本田。ストイックさも必要ということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言