芸能

高岡早紀 情報番組レギュラー抜擢のウラに「密約説」

 4月4日に新スタートの情報番組「ポップUP!」(フジテレビ系)で、女優の高岡早紀(49)がコメンテーターに初挑戦する。

 スポーツ紙記者が前番組「バイキングMORE」が打ち切りに至った内幕をこう語る。

「司会の坂上忍(54)のギャラが2億円前後に高騰したことが大きい。昨年の暮れには『新番組の制作費は4割減』『メインMCは局アナで』という話が出ていました」

 実際、MCは佐野瑞樹アナと山崎夕貴アナが務め、5人のパーソナリティーは日替わり制だ。小泉孝太郎(月曜)や高嶋政宏(木曜)といった新しい顔ぶれが発表されているものの、やはり女性のコメンテーター陣に衆目が集まっている。

「安定感抜群のアンミカ(50)は“スライド人事”ですが、バイプレイヤーとして人気の佐藤仁美(42)や“魔性の女”と呼ばれる高岡早紀は、大化けする可能性を秘めている。中でも高岡は、昨年5月に初エッセイ『魔性ですか?』(KADOKAWA)を上梓し、出産や離婚、子育て奮闘記はもとより、シングルマザーの恋愛事情や男の条件、『美魔女より魔性の女と呼ばれたい』なんて本音も女性たちに好評。04年に今井美樹を激怒させた布袋寅泰との『不倫キス報道』のイメージもすっかり薄まっているみたいです」(制作スタッフ)

 写真誌カメラマンも太鼓判を押す。

「昨年は初出演だったNHK朝ドラの『おかえりモネ』で男前の上司役を好演し、女性からの支持が上昇したが、実物も物怖じせずカッコいい。実家で張り込んでいると『何、撮ってんのよ』と威嚇するも、その場から逃げることはなく、『家族はダメだからね』と言いながら質問に答えてくれる。頭の回転が速いので、生の情報番組に向いていると思いますよ」

 15歳で芸能界デビューし、今年で35周年を迎えるベテランとあって、高岡サイドの鼻息も荒い。

「前番組の坂上も、本音トークが主婦層に受けて月曜担当から全曜日のMCに成り上がった。女優・高岡の育ての親は芸能界のドンだけに、バックアップ体制は万全。初年度のギャラこそ格安とは思うが、坂上のようなMCまで見据えての密約があるとも。フジサンケイグループも、初エッセイ出版のイベントでバックアップしていたからね」(芸能プロ関係者)

「女版・坂上忍」になれるか、お手並み拝見だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」