芸能

「Gバスト」橋本梨菜、「日本一黒いグラドル」誕生の“信念のドラマ”を動画回顧

〈なにわのブラックダイヤモンド〉〈日本一黒いグラビアアイドル〉といったキャッチコピーで知られる、バストGカップの人気グラドル・橋本梨菜が、自身のYouTubeチャンネル〈橋本梨菜の『橋本ちゃんねる』〉で、グラドルとしての半生を振り返ったところ、そのキャッチコピーに繋がる健康的な日に焼けた肌は、自身のプロデュース力によるものだったことがわかった(3月16日付け投稿回)。

 もともと肌が白いほうではなかった橋本は、「日焼け止め」を塗るようにと事務所から指摘を受け、デビュー初期は白系のメイクで推し進めていたようなのだが、「黒いのをウリにしたほうがおもしろいんじゃないか…」との信念を貫き、17年発売の7枚目のDVD〈恋は小麦色〉で、タイトル通り焼けた肌を事務所も了承。

「ここまで来たら『日本一張れよ!』ていう感じですよね、社長も」と、橋本は回顧しており、8枚目のDVD〈RINA sunshine〉で初の海外・グアムロケ。さらに9枚目のDVD〈LOCO×RINA〉では写真集撮影も兼ね、念願だったハワイロケに事務所の社長はじめ、スタッフを連れ立ち、以後、コロナ禍に見舞われるまではハワイで撮影していた。そんなサクセスストーリーを、喜びを交えて振り返ったのだった。

 ハワイ州出身、褐色の肌で思い浮かぶのは、グラドルの先駆者と評価されたアグネス・ラムだろう。スリーサイズは90・55・92と、当時の日本人女性には及びもつかないダイナマイトボディを武器に、世の男性をトリコにしたものだ。

 焼けた肌とダイナマイトボディでは引けを取らない橋本。〈和製ラム〉の呼び声も悪くないかも。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…