芸能

綾瀬はるか「目のやり場に困る」潔すぎるバストの出しっぷり

 ユニクロの肌着CMの綾瀬はるかが尊い。

 朝はグレーの肌着1枚で、歌を口ずさみながら目玉焼きを作るシーン。職場では、白肌着の上にジャケットを羽織って颯爽と打ち合わせに向かうシーン。アフター5は赤い肌着で友人と卓球で汗を流するシーン。

 商品が商品だけに、強調されるのはバストだ。さらに、夜。1日の終わりに、自宅ダイニングで3人の綾瀬が「カンパーイ」。真ん中グレーの肌着姿の綾瀬が前かがみになり、さりげなく胸の渓谷を拝めるというサービスショットも。

 これは「いろんなわたし篇」と題し、「ブラトップ」をアピールしたもの。新しい商品を身に着けて日常の様々なシーンを3人の綾瀬が演じ、明日も頑張ろう!と女性たちにエールを送るコンセプトで、見ているこちらも元気がもらえる。女性にも男性にも好感度が高い綾瀬だから成立するCMだろう。

 ところで、この「ブラトップ」。最大の特徴は、肌着なのに1枚でもOK、という点にある。綾瀬のCM効果で、今夏もますます需要が増えるに違いないアイテムだ。

 女性にとっては、タンクトップやTシャツと同じような感覚で、これ1枚でも外に行けるというのが嬉しい。以前はアンダーウェアを着けてタンクトップを着てと2枚重ねになり、おまけに薄手の素材だと透けてしまうという悩ましい問題もある。それを一挙に解決してくれたのがこれなのだ。もっとも、男性にはウケが悪い。なんといっても実用性オンリーで、色香は皆無だから。

 とはいえ、あれは肌着だとみる男性もいる。そういう男の中には、「女性にあれ1枚でウロウロされると目のやり場に困る」という意見や、「完全にいやらしい目で見ている」という意見も。

 女性と男性のこの感覚の違い、何かに似てるぞと思ったら、小学生の頃のスカートにまつわる話だ。男子にスカートをめくられても「体操着を穿いてるからOK」「見せる用だからOK」っていうあの謎のルール。そもそも「見せる用」って何なんだ。見せるために穿くって意味不明。女子的にはOKってことだったが…。いつの時代も「男と女の間には深くて暗い河がある」のだ。

 それにしても、「ブラトップ」を考えたユニクロには感謝しかない。初代CMキャラクターは、今や福山雅治夫人の吹石一恵、佐々木希もいたような…。昨今、テレビドラマでも極力、女優の肌見せが減っているが、CMの中では出しっぷりがいいから。眼福眼福。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態