芸能

加藤浩次に突如仕事が舞い込んだ!GWに実践したい「運気アップ」術

 極楽とんぼの加藤浩次が、4月23日深夜放送の「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。「ある方法」で運が上向いたエピソードを明かした。

 番組中、アイドルグループ「=LOVE」の大谷映美里が最近、プライベートではベッドではなくビーズソファの「ヨギボー」で寝ていると告白。その理由を、動画を見たまま寝られるからだと語った。

 それを受けて加藤は「俺も20代の時、もっとひどかった。ベッドの前にテレビあって、そこから動かない」「朝寝て昼起きるのか、夕方起きるかみたいな生活してたから」と回想。服が部屋に散乱し、その中から洗濯したものを選んで着ていくような生活だったことを明かした。

 しかし、そんな自堕落な毎日を送る中、突如として心境に変化が生じたという。

「カーテンいつも閉めっぱなしだったんだけど、ある日、カーテンの隙間からすごい光が入ってたの。あれ、天気いいぞと思って、カーテン開けてみた。そしたらすごい明るかったの。世の中ってこんなに明るくて、こんなに前向きな気持ちになれるというか、希望というか…」

 そう思った加藤は「シーツや布団カバーも全部取って洗濯して、汚れてる服は全部ビニールに入れてコインランドリーに行って、 散乱しているビデオ、本、煙草の吸殻を全部きれいにしたの」と、約1年ぶりに掃除をしたという。

 加藤はさらに当時を振り返り、「そこからさ。全然変わったの。人に対する考え方が」とした上で「今までずっと人のこと斜めから見てたの。『なんだあいつ』『めんどくせえなあ』とか、そういう感情だったの。それが『ありがとう』とか(考えるようになった)。窓を開けてるから風がバーッて来るし、『地球ってすげえじゃん、人ってそんなに悪くねえじゃん』って」。

 それが24~26歳ぐらいのことだったそうだ。スピードワゴン小沢一敬からは「そしたら、その日から仕事も順調になるんじゃないですか」と聞かれた加藤は「その通りです。この話、俺初めてするんだけど、恥ずかしいからしてなかったんだけど、本当なの」と強調していた。

 芸能ライターはこの話にうなずきながら、

「ビートたけし、タモリ、松岡昌宏など芸能界の成功者の中には、トイレ掃除を実践している人が多いことが知られています。かつては『狂犬』と言われていた加藤も、それと似たような経験をしていたとは意外でした」

 連休中にちょっと掃除をしたくなる「運気アップ」エピソードである。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来