芸能

綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”

 女優の綾瀬はるかが出演するユニクロのCMが、“バスト警察”からの厳しい批判に晒されている。

 グレーの肌着1枚で、歌を口ずさみながら目玉焼きを作るシーンに、白い肌着の上にジャケットを羽織って颯爽と打ち合わせに向かうシーン、そして赤い肌着で友人と卓球で汗を流すシーン…。どれも現在放送中の「カップ付きインナー」CMの一コマなのだが、これが一部のフェミニストたちの攻撃に遭っているという。

 実際にネット上を探ってみると、こんな声の数々が…。

《あそこまでバストを強調する必要ってあるの?》《あのCMが流れると、ウチではチャンネルを替えます。子どもに見せたくない》《わざと胸元を開けてバストを強調してるよね。普通に商品を見せればいいだけなのに》《綾瀬はるか、ちょっとやり過ぎでしょ。あそこまでされると引くわ》

「つい先日も、日経新聞に掲載されたコミックス『月曜日のたわわ』の全面広告が炎上の対象になりましたね。マッパのような直接的な表現ではないものの、大きなバストの制服姿の女子高生が描かれた広告内容に“性的消費”と批判が殺到しました。そして今度は、綾瀬のCMまでもがターゲットになっているようですが、見ようによっては彼女の胸が強調されているものの、さすがに的外れと言えるでしょう。一部の人間が煽っているだけだとは思うのですが…」(広告制作会社関係者)

 確かに綾瀬のボディは魅力的だが、ここまでくるとバストの大きいタレントはいつ難癖をつけられるのかと、戦々恐々としているのではないだろうか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる