芸能

綾瀬はるか 月9「元彼の遺言状」視聴率1桁で大泉洋の“腹黒キャラ”が戦犯扱い

「主演ドラマがまさかの1桁とは全くの想定外。所属事務所としては今作が看板女優の“黒歴史”にならないか、頭を悩ませているのでは‥‥。制作サイドでは、早くも戦犯探しの動きが見られます」

 フジテレビ関係者が明かすのは、綾瀬はるか(37)主演の月9ドラマ「元彼の遺言状」の内幕だ。4月11日放送の第1話は視聴率12.1%。まずまずのスタートを切ったものの、ジリジリと数字を下げて5月1日には9%と、ついに1桁にまで落ち込んだ。

 スポーツ紙芸能デスクがミスキャストを憂える。

「低迷の理由は、脚本に難がある、画面が全体的に薄暗い、第2話にして原作の遺言状をめぐる事件があっけなく解決してしまった点など数々挙げられていますが、そもそも金のためなら手段を選ばない敏腕弁護士という役柄が、綾瀬には合わなかったということでしょう」

 最終話が20%超えを果たした21年の「天国と地獄」(TBS系)では、気丈な女性刑事と殺人犯を演じ分けた綾瀬。18年の大ヒット作「義母と娘のブルース」(TBS系)の毅然としたキャリアウーマン役も記憶に新しい。綾瀬見たさにチャンネルを合わせた視聴者は多いはずだが‥‥。

「問題視されているのは、劇中で雑用係としてコンビを組む大泉洋(49)ですよ。現場ではムードメーカーで、スタジオの待ち合いスペースではいつも人だかりができるほど。たまにトンチンカンなNGを出して笑わせる綾瀬と一緒に現場を盛り上げていますが、やはりキャスティングに難がありました」(前出・フジ関係者)

 どうやら、大泉がNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に源頼朝役で出演しているのが仇になっているというのだが、

「大河では、親族や恩人の豪族を裏切っていく腹黒キャラ。対して、『元彼の遺言状』では朴訥な作家志望の男。言うまでもなく、月9は大河の翌日の放送ですからね。そのギャップに戸惑う視聴者が多いのも頷けます。大泉が戦犯リストに浮上したことで、綾瀬との関係がギクシャクしなければいいのですが‥‥」(前出・フジ関係者)

 そんな心配をよそに、6月10日に公開されるのが、出演作「はい、泳げません」(東京テアトル他)。同作で綾瀬は水泳教室のコーチに扮し、予告編ではピタピタの競泳水着姿を披露している。イの一番で試写会に駆けつけた映画評論家の秋本鉄次氏は、その相変わらずの美ボディを絶賛する。

「締めつけがキツい競泳用水着姿でも弾力バツグンのおっぱいの質感が伝わってきます。11年公開の『プリンセストヨトミ』(東宝)のような激しい揺れはありませんが、熟女の域に差しかかった美しいボディが堪能でき、ヒップラインをあらゆる角度から捉えたカメラアングルも秀逸。それだけでも鑑賞料金1800円を払う価値は十分にあります」

 綾瀬の「競泳おっぱい映画」の魅力は濡れ濡れボディの露出にとどまらない。

「長谷川博己(45)演じる生徒を相手に熱血指導を行うのですが、鬼コーチぶりがタマりません。水の中ではドSでも、陸の上ではか弱い一面も見せているので、『元彼の遺言状』の冷徹な弁護士役に比べてキャラクターに深みがある。ストーリーもしっかりしているので、ヒットが期待できます」(前出・秋本氏)

 綾瀬と長谷川は大河ドラマ「八重の桜」(13年)で夫婦役を演じた仲。水を得た魚のように、映画のヒットで巻き返したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる