スポーツ

斎藤佑樹 講演会150万円ギャラ高騰と始球式トラブル

 ハンカチ王子が王様ぶりを発揮している。昨年、現役生活に終止符を打った斎藤佑樹氏(33)は、目下、順風満帆なセカンドキャリアを構築中だが、舞台裏では強気のギャラ設定と独善的な言動で、大ヒンシュクを買っていたのだ。

「あの講演内容で150万円のギャラは高すぎる。選手や監督で実績を残した落合博満氏でも、今は100万円もしませんからね」

 呆れ顔で話すのは、さるイベント会社のスタッフである。斎藤氏は引退後に、自らの名前を冠した個人事務所「株式会社斎藤佑樹」を設立。代表取締役として第二の人生をスタートさせた。事業の大きな柱のひとつが、企業向けの講演会活動だ。前出のスタッフがため息混じりに続ける。

「現役の末期の時点で取り決めたギャラは50万円程度で、なじみのある企業に声をかけて4件の講演会を受注しました。それが、引退して間もない12月中旬に、『すでに受けている仕事はやりますが、今後は150万以下の講演会の仕事はやらない』と言い出したんです。なんでも、この時点でCM、テレビ、YouTubeなどの出演オファーが600件以上舞い込んでおり、『身一つで仕事を選ばなきゃならないから』と説明されました」

 ユニクロやキリンビールのCMをはじめ、ラジオのパーソナリティー、バラエティー番組のレポーター、カメラ趣味が高じた写真展の開催など、まさに“ハンカチバブル”の真っ只中。

 最低150万円という高額設定だけに、さぞや貴重な“金言”が拝聴できるかと思いきや‥‥。1月に関東某所で開催された講演会の出席者はこう語る。

「さすが、早稲田卒だけあってトークは理路整然としていました。だけど、プロ野球時代のマル秘情報は皆無で、口から出るのは、中学時代にイチからチームを立ち上げた武勇伝や『野球界に恩返ししたい』などの美辞麗句ばかり。しかも、現役時代さながらのポーカーフェイスと単調なテンポが相まって、爆睡する人が続出。自虐ネタで笑いを誘うも、誰も気づかずにスルーされていました」

 現役時代は何度も札幌ドームを満員にした“持ってる男”の集客力にもケチがつき始めていた。

「コロナ禍で、フルキャパでない50%を上限にした会場だとしても空席が目立ちました。BtoC企業の主催で、顧客を無料で招待していたのに(笑)。今後はオファーすることはないでしょう」(前出・スタッフ)

 別のイベントでは舞台裏でトラブルまで勃発。4月9日の日本海オセアンリーグ・石川ミリオンスターズの開幕戦でのこと。ゲストとして招かれた斎藤氏は、始球式に登場して、球場に集まった700人弱のファンを沸かせた。

 球界関係者が言うには、

「もともと始球式だけでなく、抽選会や試合後のサイン会を予定してプレスリリースも出していた」

 とのことだが、当の本人は球場入りするや、

「1球だけ投げたら帰ります」

 涼しい顔でこう言い放って周囲をア然とさせたというのだ。

「主催者サイドはきちんとホテルを押さえた上で、前夜に本人と打ち合わせを兼ねて会食したんです。酔っ払う前にきちんと説明した旨を告げたものの、すっとぼけて関係者一同を呆れさせました。そればかりか、一連のイベント終了後、マネージャーを通してギャラの増額を要求してきたんです」(前出・球界関係者)

 なお、翌日の同カードでは、とんねるず・石橋貴明とTIM・ゴルゴ松本がゲストとして登場、約2000人もの集客に貢献した。この「低コスパ」に汚れたハンカチ王子は何を思うのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる