芸能

綾瀬はるか「Gバスト攻勢」の秘密を初公開!(2)ユニクロCMメイキング映像で見せた艶姿

 若手時代にグラビア活動をしていた綾瀬だが、本格的に女優として頭角を現すと、鳴りを潜めるかのように、美ボディを封印する。が、四十路を前に、「Gバスト攻勢」へと打って出ていた。

 20年に刊行されたフォトブック「ハルカノイセカイ02」(講談社)のハワイ編で、セパレートの水着ショットから柔らかなバストを披露。翌21年にはユニクロのアンバサダーを務め、「ブラトップ」のCMに出演し、ボディラインを露わにしたのはまだ記憶に新しいところ。「戦略」の変化について、ワイドショーの芸能デスクはこう明かす。

「16年のNHKドラマ『精霊の守り人』でアクションに挑戦するため、腹筋30回5セット、腕立て200回など自重トレーニングで鍛え、動ける体に仕上げました。17年のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)でも、格闘武術のカリ・シラットを取り入れたアクションシーンのため、胸筋、臀部、足、背中、二の腕を強化していたんです」

 一時はムキムキになりすぎて、ドレスが似合わない筋肉質なボディになるほどだったという。それもあって、最近は無理のない範囲でバストやお尻が垂れない筋トレに励んでいる。4月末に発売された「女性自身」のインタビューで、

〈いま、私史上最高に股関節を柔らかくしようと、毎日ストレッチに励んでいます〉

 と、発言。その成果はいち早くユニクロの「エアリズム」の新CMで表れる。5月16日に放送は始まり、テニス選手の錦織圭(32)らとゴルフコースを回る中、メイキング映像にこんな思わず目が釘づけになるビンビン場面が映っていた。

「グリーン上でパターを打ったボールがゆっくりカップに向かう場面で、上半身はポロシャツ、下半身はショートパンツの下にタイツを穿いた綾瀬が、突然しゃがみ込み、M字開脚を見せつけながら、『イケー』と叫んだんです。“M字の元祖”インリン・オブ・ジョイトイさながらの大胆なご開帳ぶりに、ボールの行方はどうでもよかった(笑)」(芸能ライター)

 30代で肉体改造に成功したことで、露出増につながったようだが、古参の芸能プロ関係者は別の理由を述べる。

「所属事務所の上層部から、年齢を重ねても作品に必要とあれば、水着グラビアなどのボディを強調した役を演じられるよう叩き込まれているんです。それもあって、トップ女優になった今も初心忘れるべからずの教えを忠実に守っていると聞きました」

 世の女優たちがブレイクした途端に肌露出を封印する中、アラフォーになって、ますますオヤジ人気が高まるのも至極当然なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故