芸能

綾瀬はるか「Gバスト攻勢」の秘密を初公開!(3)大手事務所が「Gバスト」争奪戦

 とはいえ、出演中の月9ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)は視聴率が1桁に低迷する大苦戦。原因について、芸能評論家の竹下光氏が解説する。

「フジの連ドラは14年ぶりの出演となりましたが、ストーリーの内容もさることながら、高飛車な敏腕弁護士役が板についていないともっぱら。衣装も高級ブランドに身を包み、露出やバスト揺れ場面もなし。昨年出演したドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)では、初回の冒頭からダッシュシーンでバストが激揺れ、別の回で濃厚キスや黒ドレスから谷間のチラ見せもあり、ラストまで視聴者を離しませんでした」

 なんとも「Gバスト攻勢」をユルめれば、途端にこうなるのも確か。それでも、「綾瀬株が急落したわけではない」と、竹下氏が続ける。

「もともと綾瀬の“ホーム”は、TBSと日テレ。割り込んできたフジに対し、数字が取れず、憤りを隠さないスタッフも多い。自分たちと組めばヒット作品が作れる自負があるので、次回作をめぐって、水面下でTBSと日テレのドラマ関係者のアピール合戦が続いています」

 人気・実力があって、美ボディの見せ方も長けている。三拍子揃った綾瀬を喉から手が出るほど欲しいのは、テレビ局だけではなかった。業界内の不穏な噂について、古参の芸能プロ関係者が声を潜めて打ち明ける。

「たびたび独立を匂わせたり、綾瀬に関するネガティブな記事が報じられますが、ライバルの事務所が流しているという話があります。あからさまな引き抜きはできませんが、所属事務所との間で不協和音を発信し、独立した際に業務提携などを狙っている。それほど、業界で綾瀬の評価は高い」

 綾瀬をめぐる「奪い合い」でもう一つ気になるのは、オトコの話。20年に韓国人タレントのノ・ミヌ(36)との交際報道(事務所側は否定)が出ると、昨年11月には「フライデー」で俳優の佐藤健(33)との新幹線帰京現場が撮られている。

「共演者仲間で、偶然、新幹線で一緒になったとか。『フライデー』側も2人の交際疑惑をマークしていたわけではなく、タレコミがあって現場に向かったら撮れたそうです」(週刊誌記者)

 今のところ新たなオトコの話はなく、肉感ボディ全開の「競泳水着」映画で、月9ドラマの不調を吹き飛ばしたいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ