エンタメ

フジ「ポップUP!」パワハラ騒動が追い打ちをかける異例の“短命打ち切り”

 4月にスタートしたばかりの情報番組「ポップUP!」(フジテレビ系)に、早くも“打ち切り説”が浮上している。

 9日発売の「週刊文春」が、フジ社員で同番組のチーフプロデューサー・X氏による制作会社社員でアシスタントプロデューサー・Aさんへの“パワハラ”を報道。X氏はグループラインで“Aさん奮闘促しキャンペーン中”などとAさんを小馬鹿にした書き込みをするなどし、追い込まれたAさんは二度、自死未遂に及んでいたという。

「『バイキングMORE』の後番組として始まった『ポップUP!』ですが、現在、視聴率は1%台と惨憺たる状況。現場のスタッフは徹夜が続くなど、かなり疲弊しているようですね。そんな中、影では“天皇”などと呼ばれていたX氏が、同じ年齢でありながらフジ社員という優位な立場を利用し、パワハラを繰り返していたといいます。番組内容が不評ならばリニューアルによる対応もできますが、現場スタッフの長がこれだけのトラブルを起こしていたとなると、番組ごと変えなければならない可能性も出てくるでしょうね」(芸能ライター)

 ネット上も、「プロデューサーが自死未遂に追い込むパワハラをして、それを見て見ぬふりしてたスタッフが作る番組。もうアカンだろ」「X氏をCPに起用した経営陣も責任を取るべきだ」「もはやパワハラのイメージしかなくなっちゃったね。いったい誰が観るのか」などと非難囂々だ。

 フジテレビは文春の取材に対し、「社員・スタッフが働きやすい環境を整えることは、すべての番組や職場において重視しており、当該番組についても改めて適切なあり方を検討しております」と回答。X氏を番組制作から外したというが、もはや視聴者は心から番組を楽しむ気分にはなれないだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
WBCで村上宗隆を覚醒させた岡本和真「ベンチが凍り付く暴言」の意外な効果
2
WBCお立ち台で「最高です」しか答えない岡本和真に広岡達朗とOBが怒り爆発
3
クロちゃん(安田大サーカス)「カメラにフタして初夜を迎えました」
4
カズレーザー「虐待」指摘…「大食い魔女」を蝕んだ大腸ガンと爆食の関係
5
阪神・佐藤輝明を「攻めやすいバッター」と谷繁元信が断言した「致命的な欠陥」