政治

参院選の裏攻防!全選挙区に候補者を立てた「参政党」の不気味な「議席獲得作戦」

 一般紙に「その他」扱いされている「参政党」が「参院選で議席を獲得するのでは」と話題になっている。

 6月24日の朝日新聞に掲載された参院選序盤情勢調査の記事では「政治団体の参政党は、比例区での議席獲得が視野に入る」とある。永田町関係者が言う。

「岸田文雄総理の政治姿勢に物足りなさを感じ、安倍晋三元総理を支持する自民党ウルトラ右翼の票が流れているのではないか」

 参政党とはどんな政党か。公式サイトによると、共同代表は3人。日本維新の会で衆院議員を務めた経験もある松田学氏、叔父が右翼活動家でもあった故・赤尾敏氏という経歴をもつ赤尾由美氏、歯科医の吉野敏明氏だ。事務局長は大阪の元吹田市議、神谷宗幣氏。

 その神谷氏が中心になって参政党を作ったという話もあり、環境問題などについてテレビのコメンテーターとして活躍している武田邦彦氏も今回、参政党から比例区候補として出馬している。そして驚くのは、参院選で全ての選挙区に候補者を立てていることだ。

「先人たちが守ってきたこの国を、次の世代へ引き継ぐために」「身近のコミュニティ活動から始める参加」という理念のもと、「子供の教育」「食と健康、環境保全」「国のまもり」という3つの重点政策を掲げている。自尊史観の教育、外国人労働者を抑制し外国人参政権を認めない、などの具体策も提示している。

「世界唯一の皇統を日本のアイデンティティの根幹として未来に継承する」とするが、公式サイトを見る限り、ウルトラ保守とのレッテル貼りはできない。

 オピニオン誌「Will」8月号では、神谷事務局長と武田氏による「真の保守政党をめざして」とする記事が掲載されている。

 選挙活動はSNSをフルに活用し、神谷事務局長は「ユーチューバーのおかげで、今年の5月から一気に支持者が増えた。ネットでバズっている」と公式サイト内のYouTube動画で話している。

「自民党が議席を減らせば岸田総理の求心力が落ち、安倍元総理の再々登板の可能性が出てくる」

 そう語る保守団体関係者もおり、岸田政権では物足りない保守票は、憲法改正を明確に示す日本維新の会に流れる、との見方もあった。ところがネットで支持者を増やす参政党が、何やら不気味な存在になってきたのだ。

(健田ミナミ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった