スポーツ

オカダ・カズチカ「やっぱり東京ドームを超満員にしたいですね」

テリー 今、新日本プロレスを見に来るお客さんの男女の比率ってどのぐらいなんですか。

オカダ 男性のほうが多いとは思いますが、女性のお客さんもとても多く、半々ぐらいに感じることもあります。

テリー そうなんだ。昔は96%ぐらい男性客だったのに。じゃあ、お客さんもいつも満員で。

オカダ いや、やっぱりコロナの影響で減ってしまって。今また少しずつ戻ってきてる状態なんですけど。

テリー それはプロレスに限らず、エンターテインメント業界はみんな苦労してたから仕方ないですよね。無観客の試合とかもやったんですか。

オカダ やりました。人数制限をしたり。でも、無観客はキツかったです。テレビのスタッフさんとかはたくさんいましたし、カメラの向こうにお客さんがいることは理解してるんですけど、寂しかったですね。

テリー やっぱりドロップキックをしたら会場がワーッと盛り上がらないとね。

オカダ もう、シーンですから(苦笑)。だけど、僕はポジティブでいたいんで、「そんな経験は今だからこそできたんだ」って思ってます。

テリー さっき「プロレスの魅力を伝えていきたい」って言ってたじゃないですか。何か具体的な目標はあるんですか。

オカダ やっぱり東京ドームを超満員にしたいですね。昔はできてたんですけど、今はできてないんですよね。

テリー あ、そうなんだ。それはコロナで?

オカダ いえ、コロナは関係なく。昔はそれこそ猪木さんの引退試合があったりして、先輩たちは超満員を経験してると思うんですけど、僕は全然知らないですし。お客さんが全然入っていない東京ドームから始まって、「ちょっとずつ入ってきたな」「今年はすごい入ってきたな」みたいに思ってたところで、コロナになってしまったんですよ。

テリー そういうことか。

オカダ だから、今年は新日本プロレス創立50周年なんですけど、東京ドームを超満員にして、いろんなOBの方たちに「新日本プロレス頑張ってるな」って思ってもらいたいですし、ファンの皆さんにも「プロレスを好きでよかったな」って思ってもらいたいというのが、一番の目標ですね。

テリー 今、「G1 CLIMAX32」の真っ最中じゃないですか。じゃあ、まずこれを盛り上げないといけないですね。

オカダ はい。「G1 CLIMAX」は毎年夏にやってたんですけど、東京オリンピックの関係で、去年、一昨年は秋開催でした。だから、3年ぶりの夏開催なんですけど。

テリー どっちがいいんですか。

オカダ 僕の中で「G1 CLIMAX」って、汗ダラダラなんですよ。もう汗がバシャバシャ飛ぶのがこの大会だと思ってたので、久しぶりに「夏に帰ってきたな」っていう感じです。僕自身、先月ベルトを取られたばっかりですし、「G1 CLIMAX」で優勝して、また下半期もしっかりと盛り上げていきたいなと思ってます。

テリー 決勝戦は8月18日ですね。頑張ってください。期待してます。

オカダ ありがとうございます。

テリー そういえば、8月に初めてのお子さんが生まれるんでしたっけ?

オカダ そうです、予定日は8月です。

テリー じゃあ、男の子だったらプロレスラーにするんですか。

オカダ いや、させないと思いますね。たぶん、「そんな危ないことするな」って言うと思います(笑)。

◆テリーからひと言

 オカダさん、カッコよかったなぁ。受け答えもすごく誠実で、大好きだったジャンボ鶴田さんを思い出しました。ぜひ、プロレス界の大谷翔平になって、スポーツ紙の1面を賑わせてください。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情