芸能

国民的フェロモン女優たちの最新「バスト揺れ番付」(1)土屋太鳳のGバストが大揺れ

 新型コロナの影響で170人超の休場者を出した大相撲七月場所は、平幕力士の優勝で幕を閉じた。生き馬の目を抜く芸能界も、国民的フェロモン女優が続々と自慢のバストを弾ませて「最新番付」夏の陣は波乱含みの展開に──。

 ここ数年、ドラマや映画業界で「バストが揺れれば数字(視聴率や興行収入)が伸びる」とまことしやかにささやかれ、バストの大激震こそ人気のバロメーターになっていた。そこで、アサ芸は「揺れバスト審議委員会」を招集。七月場所終了後に定例会合を開き、最新番付を発表する運びとなった。

 何と言っても、見事な好成績を残し、満場一致で新横綱となったのは、「タオパイ」の決まり手で東の綱を張った土屋太鳳だ。20年12月から配信中のNetflixドラマ「今際の国のアリス」では、タンクトップでアクション演技に挑み、強調された推定Gカップ乳がブルンブルンと縦横無尽に大暴れ。世界で1800万人を釘づけにし、12月には続編が公開される予定だ。「揺れ審」委員で映画評論家の秋本鉄次氏も太鼓判を押す。

「今年2月公開の映画『大怪獣のあとしまつ』(松竹/東映)で、キャリアウーマン役で出演した際、ブラウス姿で何度も飛び跳ねてバストを弾ませたシーンでは、脱いだわけじゃないのに匂い立つエロスの成熟度が伝わってきました」

 おっぱいの揺れの目利きに定評のある「揺れ審」委員長で芸能評論家の尾谷幸憲氏も「タオパイ」の覚醒をこう振り返る。

「全国区になったのは、20年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)でランナーを務めた時のこと。一定のリズムで揺れる様をカメラが追い続け、視聴者には眼福もの。フォームも美しく、背筋が伸びて、育乳にもベストな姿勢なんです。血流がよくなって乳腺も刺激され、走るたびに胸の発達につながったのでしょう」

 新時代の幕開けを予感させる中、立ちはだかるのは大横綱の綾瀬はるか。前頭時代の11年公開の映画「プリンセストヨトミ」(東宝)は今なお語り草。商店街を走り回る場面で、推定F乳を振り乱し、約4分間で76回の大揺れという大金星を挙げたのだ。

 横綱になっても精進を忘れず、昨年1月期ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)の初回では、計90秒間で79回の記録更新の揺れを計測し、圧倒的な強さを見せつけた。

「『巨人・大鵬・卵焼き』のように『乳揺れ』といえば、綾瀬といっても過言ではない。今年もユニクロのブラトップのCMに出演して胸を揺らせば、6月公開の映画『はい、泳げません』(東京テアトル/リトルモア)では、競泳水着で巨乳をアピール。簡単に土をつけるのは難しい」(尾谷氏)

 今後は、極限露出の綾瀬とタオパイを中心に賜杯争いが展開しそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道