芸能

「この世界ではやっていけない」土田晃之を挫折させた今田耕司と東野幸治の「えげつないトーク力」

「U-turn」としてコンビを組んだ20代前半でブレイクして以降、長くテレビに出続け、今年で芸歴30周年を迎えた、お笑いタレントの土田晃之。その土田が8月10日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に出演し、今だから話せる芸人人生最大の「挫折」について明かした。

 今の若者にはかつてコンビを組んでいたことを知らない人も多いそうで、「お笑いだと思われていない。コメンテーターとか家電に詳しい人と思われている」と自嘲気味に話した土田だが、そんな彼が最初に挫折を感じたのが「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)。コンビ時代に一度、同番組に呼ばれたものの、2時間ぐらいの収録で一言しかしゃべれなかったとか。

「さんまさんに『お前ら、東京やな』って言われて、『いえ、埼玉です』の一言だけで終わった。腕ブルンブルン回しながら行ったら『速えぇ、何も見えねぇ』と思って」と回想。そこから5年は同番組に呼ばれなかったが、5年ぶりに出演したのちは3~4カ月に1回程度で呼ばれるようになったという。

「『さんま御殿』でスタジオでやれてたら、よその番組めちゃくちゃ楽だなと。プレミアリーグで試合やったあとに草サッカーで試合やってもこんなもんだと思った」と振り返った土田は、さらに若い頃に衝撃的だった番組として、笑福亭鶴瓶と今田耕司、東野幸治がレギュラー出演していた「いろもん」(日本テレビ系=1997年10月~2002年放送)を挙げ、こう語った。

「あの頃の今田さん、東野さんはえげつなかった。何にも喋らせてもらえないぐらい速くて。喋れない方ばかりイジる。(当時の相方)対馬くん、喋れないから。入れない感じ。そのときは『あしたのジョー』の最終回ぐらい、どうやって帰ったかも分からず、気がついたら家で本当にこうやって(燃え尽きて)座ってた。もうダメだな、この世界ではやれないと思った」

 芸能ライターが言うには、

「番組では後日、土田がその話を東野にしたら、『お前らそんな感じなかったけどな』と言われたとか。そこで家で録画した映像を見ると確かに思っていたほどひどくはなく、加えて『これを速いと感じてたんだ』『この5年間で俺、成長できてる』と自信を持ったとも明かしていました」

 常に落ち着いている印象の土田だが、いろいろ苦労があったようだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…