スポーツ

今村聖奈「GI騎乗まであと2勝」20年に一人の逸材を支える「万全バックアップ体制」

 競馬界のスーパールーキー・今村聖奈の勢いが止まらない。2回新潟開催の2週間で4勝し、8月9日(火)の盛岡、10日(水)の浦和でも優勝。通算29勝(JRA25勝+地方交流4勝)となり、GIレース騎乗可能の「31勝」まであと2勝となった。

 ちなみに、藤田菜七子がGIに騎乗できるようになったのはデビューしてから2年3カ月後のことで、いかにハイペースで勝ち星を積み重ねているかが分かるだろう。あるトラックマンがこう振り返る。

「コーナーがきつい小回りの浦和を、初めての騎乗で乗りこなせる騎手はそうはいない。驚いたのは、直線で左右の馬から挟まれながら、それをしのいでハナ差勝ちしてみせたこと。実に勝負強い。10年、いや20年に一人の逸材と言っていい」

 彼女が凄いのは、逃げて良し、差しても良し、追い込んでも良しと、どういう乗り方をしても勝てること。これは秀でた騎乗技術があることはもちろん、日頃から騎乗馬の癖や性格を掴むように務めていることの証でもある。

 勝利数が増加するにつれ、馬主からの騎乗依頼もドンドン増えている。その中には、メイショウの松本好雄氏やテイエムの竹園正繼氏、さらにディープインパクトで知られる金子真人氏の名前も見られる。大物馬主からもモテモテなのだ。

「彼女のエージェント(騎乗依頼仲介者)は辣腕の小原靖博氏だから、騎乗馬をしっかり集めてくれる。およそ1カ月先まで、どの馬に乗るか決まっているといいます。強力なサポートがあることは大きいですね」(前出・トラックマン)

 メディアからの取材依頼も殺到しているが、そちらのほうはホリプロが請け負うことになった。ホリプロのスポーツ文化部には福永祐一や川田将雅、藤田菜七子も所属しており、その仲間入りをする。ただ、当面はテレビ出演などより、競馬に集中できる環境づくりをアシストしていくようだ。

 この調子なら秋にはGIで騎乗し、年間50勝も夢ではないだろう。馬券で勝つためにも彼女の動向から目が離せない。

(兜志郎/競馬ライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…