女子アナ

テレビ東京・角谷暁子アナが快挙!報道番組で「常に生バストをさらけ出した状態」

「ここまで出しちゃって大丈夫なのか!?」

 視聴者からこんな興奮の声が届いたのは、テレビ東京の角谷暁子アナである。女子アナウォッチャーがまくしたてる。

「8月11日放送の『ワールドビジネスサテライト(WBS)』でのことでした。サブキャスターとして出演した角谷アナはベージュのセットアップ姿で、ニットとロングスカートという組み合わせ。ただでさえピタピタのニットでEカップバストをこれでもかと目立たせているのに、この日のサービスはいつにも増してスゴかったんです」

 なにしろ、そのニットのデザインが大胆極まるものだったのだ。女子アナウォッチャーが、口角泡を飛ばして続ける。

「胸元がVの字にザックリと開いたタイプで、その開き具合がハンパなく、常にバストの渓谷が見える際どさだったんです。彼女がここまで長時間にわたってバストを見せつけたことは今までにはなく、ましてや報道番組で生の胸をさらけ出してくれる局アナなど、そうはいませんよ」

 放送終了後はいつものように自身のツイッターで、視聴者に向けたお礼の挨拶動画をアップしていた角谷アナ。

「スタジオの椅子に座った角谷アナに斜め上からカメラが近づき、今にも胸の奥が見えてしまいそうな勢いでした。バストの大きさと形への自信とともに、人気取りのためならカラダも張る根性さえ伝わってきます」(エンタメ誌ライター)

 角谷アナのアピールがWBSの視聴率に貢献していることは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…