芸能

テリー伊藤対談「筧美和子」(1)芸能界に入ったきっかけは?

20140501d

●ゲスト:筧美和子(かけい・みわこ) グラビアアイドル、女優。1994年生まれ、東京都出身。高校在学中の11年にデビューし、13年5月~10月、リアリティ番組「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演し一躍人気に。「テラスハウス」を卒業後、13年10月「めざましテレビ」の木曜リポーターに選ばれる。篠山紀信氏による初の写真集「ヴィーナス誕生」(幻冬舎)が発売中。

 男女6人の共同生活を追ったリアリティ番組「テラスハウス」で大ブレイクした筧美和子。愛くるしい顔だちにグラマラスな肢体が注目を浴び、篠山紀信氏が撮影した写真集も発売されるなど今一番の注目株だ。人に話したことがないという恋愛話を、天才テリーが引き出した!

テリー 「めざましテレビ」の木曜日の「ココ調しら」コーナーで活躍してるよね。ちょうど「スッキリ!!」の前に当たるから、時々見てるんだよ。

 ありがとうございます。私も「スッキリ!!」を今日も見てきました。「ココ調」のあとに見ています。

テリー そうなんだ。ありがとう。「めざまし」のお仕事の調子はどう?

 生放送のリポーターとしては、自分自身のキャリアもゼロからのスタートだったので、初めのうちはよくご指導をいただいていました。話し方も伝える技術も、まだまだこれから精進していきたいと思っていますね。

テリー テレビのお仕事がいきなり生放送じゃ、緊張するだろうしね。誰に、どんなふうに教えてもらったの?

 「めざまし」の全体のナレーションを担当している方が、最初の頃だけ1~2時間、番組が終わったあとに教えてくださいました。とってもありがたかったです。

テリー 勉強になった?

 はい。私の場合、アナウンサー的な要素を求められているというよりは「『楽しく伝える』ことが一番だ」と教えていただいて。

テリー そうだね。朝の番組は、やっぱり明るい感じがとっても大事だから。

 はい。だから現場を楽しみながら、周りの状況もしっかり見るということで、心構えの面をすごく教わりましたね。

テリー 芸能界に入ったきっかけは「めざまし」だったの?

 いえ、初めはグラビアを中心に。3年前、高校2年生の終わりぐらいだったんですけど、ファッション関係のイベントに行った時に、今のマネジャーさんにスカウトしてもらってこの世界に入りました。「めざまし」は去年の10月ぐらいからですね。

テリー じゃあ、お仕事は順調なんだね。「めざまし」の木曜リポーターも、そもそもは一般投票で選ばれたんだよね。1人で約6万8000票を集めたんでしょ。すごいじゃない。

筧 投票の前に「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演していたので、それで皆さんに顔を覚えていただいたおかげだと思います。

テリー 「テラスハウス」って、今、人気の番組なんだってね。男女3人ずつが海沿いの家に実際に住むという。

 はい。家の他に車が2台あって、家も車も自由に使っていいんです。その中で本当に一緒に住んで、恋模様とか、人間関係や、それぞれが自分の仕事に葛藤するところなんかが、視聴者の皆さんに伝えられるんです。

テリー 筧さんは、どのくらいその番組に参加していたの?

 7カ月間ですね。

テリー 今は、何人かで同じ家に住むことを「シェアハウス」といって、若い人の間でどんどん広がっていってるよね。ワンルームで過ごすより、家賃も安くあがるし、何より共同生活の楽しさもあるんだろうね。

 はい。そうだと思います。

テリー 7カ月間シェアハウスを経験してみて、どのへんが成長したと思う?

筧 そうですね‥‥、19歳になったぐらいの時に、生まれて初めての共同生活がスタートしたんです。いろいろなことが起こる中で、あらためて「自分は周りの人に支えてもらって過ごしているんだから、しっかりと返さなきゃ」という決心ができましたね。

テリー 真面目だなぁ。

 そうですかね(笑)。ありがとうございます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白