芸能

「自滅離婚」内野聖陽が明かした「不貞キス&飲酒運転疑惑」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 家族と暮らすために東京・世田谷区内に2億円の豪邸を建築、しかし、ほどなくして妻と娘が家を飛び出し、完成した新居で一人で暮すことになった内野聖陽。彼がその自宅前で離婚記者会見を開いたのは、2011年8月19日朝8時過ぎのことだ。

 内野は06年に、元宝塚のトップスター、一路真輝と「できちゃった婚」。ただ、当時、内野は文学座の実力派俳優として一部ファンからは支持されていたものの、一般的な知名度はそれほどなかった。そんなことから「格差婚」と書かれたこともあった。

 しかし、結婚後はメキメキと頭角を現し、09年にはTBS系ドラマ「JIN‐仁」に出演して坂本竜馬役を好演。同年スタートのテレビ朝日系ドラマ「臨場」では、主演に抜擢されるなど、公私ともに順風満帆に見えた。

 だが、「根っからの役者バカ」といわれる内野は、結婚当初から、仕事に没頭すると他のことがいっさい手につかなくなるという性分。台本読みに集中したいとの理由で、別のマンションに仕事部屋を借りるなど、しだいに夫婦の間に距離が広がっていったといわれる。

 そんな最中の2010年9月に発覚したのが、写真誌による40代既婚女性との車内不貞キス写真と、飲酒運転疑惑だ。しかも、発覚のタイミングが、内野主演のドラマ「臨場」パート3が内定した時期と重なったこともあり、テレ朝では対応に大わらわだった。

「ほかのメーカーならともかく、スポンサーに自動車メーカーがあったことで、飲酒運転疑惑は致命的だった。結果、放送は延期になり、妻の一路も決まっていたCMの話が流れたと聞いています」(テレ朝関係者)

 自分でまいた種とはいえ、火遊びの代償はあまりにも大きかったというわけだが、50人ほどの報道陣を前に会見に臨んだ内野は、開口一番、

「私、内野聖陽と一路真輝は、昨日、正式に離婚いたしました。結果的にこんな形になってしまって、本当に残念で申し訳ない気持ちです」

 と、憔悴した表情で語る。ただ、離婚理由については、

「演技に打ち込む自分と、彼女の育児が大変な時期と(重なり)、(一路が)女優としても仕事熱心なこともあり、ひとつ屋根の下で暮らすのが、やっぱり難しい2人だという結論に納得したということです」

 いささか回りくど言い回しだった。前年9月の不貞キス&飲酒運転疑惑については、「軽率な行動によって、ダメオヤジさを皆様に披露してしまった」などと語った。

 理由はどうあれ、内野が招いた「自滅離婚」だったことは誰の目にも明らか。しみじみと「結婚に向いていなかった」と語る彼の言葉に、妙に納得させられたものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」