芸能

「自滅離婚」内野聖陽が明かした「不貞キス&飲酒運転疑惑」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 家族と暮らすために東京・世田谷区内に2億円の豪邸を建築、しかし、ほどなくして妻と娘が家を飛び出し、完成した新居で一人で暮すことになった内野聖陽。彼がその自宅前で離婚記者会見を開いたのは、2011年8月19日朝8時過ぎのことだ。

 内野は06年に、元宝塚のトップスター、一路真輝と「できちゃった婚」。ただ、当時、内野は文学座の実力派俳優として一部ファンからは支持されていたものの、一般的な知名度はそれほどなかった。そんなことから「格差婚」と書かれたこともあった。

 しかし、結婚後はメキメキと頭角を現し、09年にはTBS系ドラマ「JIN‐仁」に出演して坂本竜馬役を好演。同年スタートのテレビ朝日系ドラマ「臨場」では、主演に抜擢されるなど、公私ともに順風満帆に見えた。

 だが、「根っからの役者バカ」といわれる内野は、結婚当初から、仕事に没頭すると他のことがいっさい手につかなくなるという性分。台本読みに集中したいとの理由で、別のマンションに仕事部屋を借りるなど、しだいに夫婦の間に距離が広がっていったといわれる。

 そんな最中の2010年9月に発覚したのが、写真誌による40代既婚女性との車内不貞キス写真と、飲酒運転疑惑だ。しかも、発覚のタイミングが、内野主演のドラマ「臨場」パート3が内定した時期と重なったこともあり、テレ朝では対応に大わらわだった。

「ほかのメーカーならともかく、スポンサーに自動車メーカーがあったことで、飲酒運転疑惑は致命的だった。結果、放送は延期になり、妻の一路も決まっていたCMの話が流れたと聞いています」(テレ朝関係者)

 自分でまいた種とはいえ、火遊びの代償はあまりにも大きかったというわけだが、50人ほどの報道陣を前に会見に臨んだ内野は、開口一番、

「私、内野聖陽と一路真輝は、昨日、正式に離婚いたしました。結果的にこんな形になってしまって、本当に残念で申し訳ない気持ちです」

 と、憔悴した表情で語る。ただ、離婚理由については、

「演技に打ち込む自分と、彼女の育児が大変な時期と(重なり)、(一路が)女優としても仕事熱心なこともあり、ひとつ屋根の下で暮らすのが、やっぱり難しい2人だという結論に納得したということです」

 いささか回りくど言い回しだった。前年9月の不貞キス&飲酒運転疑惑については、「軽率な行動によって、ダメオヤジさを皆様に披露してしまった」などと語った。

 理由はどうあれ、内野が招いた「自滅離婚」だったことは誰の目にも明らか。しみじみと「結婚に向いていなかった」と語る彼の言葉に、妙に納得させられたものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった