スポーツ

ヤクルト村上宗隆「最年少150号」の次に期待される「シーズン60本」のXデー!

「(村上と)ほんとに勝負してええんか、という神からの最後の警告だったのに!」

 横浜DeNAベイスターズファンの怒りともとれる落胆の声がネットで散見されたのは、8月27日、横浜スタジアムで行われた、対ヤクルト戦。ヤクルト・村上宗隆が、史上最年少記録となる22歳6カ月で通算150号を放った6回表のことだった。

 実は、このホームランの1球前、村上は、カウント「2ボール、2ストライク」を「3ボール、2ストライク」と勘違いしていた。続く「ボール判定」に1塁へ歩きを始めようとする村上。すぐさまキャッチャーの嶺井博希が「誤り」を指摘、村上がヘルメットを脱いで謝罪するという一幕があった。この場面が冒頭の「神からの最後の警告」だったのだ。なぜならこの直後、村上の弾丸150号がDeNAファンひしめくライトスタンドに飛び込んだからである。「神の警告に従って勝負せず、四球にしておけばよかったのに…」という横浜ファンの悲鳴が聞こえてきそうな一発だった。

 ところで、「うっかり四球ミス」といえば、87年10月18日の「広島対巨人」でも起きている。バッターは巨人の吉村禎章。正しいカウント「2ボール、2ストライク」が、なぜかスコアボードでは「1‐2」となっており、吉村は首をひねる。だが、球審はそのまま続行。ファウルを挟み、ボール球を2つ見送る。本来なら四球の場面だ。だが球審は動かない。そして、続く8球目を吉村がレフトスタンドに放り込んだのである。

「2-2」が「1-2」となった時点で広島サイドは「儲けた」とほくそ笑んでいたかもしれないが、真に「儲けた」のは吉村のほうだった。

 さて、8月27日の試合で村上は、7回にも2打席連続となる47号を放っており、このペースで行けば143試合終了時点で「58本」が計算できる。

 本塁打のシーズン記録、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の60本に迫る勢いであり、村上の今後の活躍は、ヤクルトファンだけでなく、すべてのプロ野球ファンが注目することになりそうだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ