スポーツ

ヤクルト村上宗隆「最年少150号」の次に期待される「シーズン60本」のXデー!

「(村上と)ほんとに勝負してええんか、という神からの最後の警告だったのに!」

 横浜DeNAベイスターズファンの怒りともとれる落胆の声がネットで散見されたのは、8月27日、横浜スタジアムで行われた、対ヤクルト戦。ヤクルト・村上宗隆が、史上最年少記録となる22歳6カ月で通算150号を放った6回表のことだった。

 実は、このホームランの1球前、村上は、カウント「2ボール、2ストライク」を「3ボール、2ストライク」と勘違いしていた。続く「ボール判定」に1塁へ歩きを始めようとする村上。すぐさまキャッチャーの嶺井博希が「誤り」を指摘、村上がヘルメットを脱いで謝罪するという一幕があった。この場面が冒頭の「神からの最後の警告」だったのだ。なぜならこの直後、村上の弾丸150号がDeNAファンひしめくライトスタンドに飛び込んだからである。「神の警告に従って勝負せず、四球にしておけばよかったのに…」という横浜ファンの悲鳴が聞こえてきそうな一発だった。

 ところで、「うっかり四球ミス」といえば、87年10月18日の「広島対巨人」でも起きている。バッターは巨人の吉村禎章。正しいカウント「2ボール、2ストライク」が、なぜかスコアボードでは「1‐2」となっており、吉村は首をひねる。だが、球審はそのまま続行。ファウルを挟み、ボール球を2つ見送る。本来なら四球の場面だ。だが球審は動かない。そして、続く8球目を吉村がレフトスタンドに放り込んだのである。

「2-2」が「1-2」となった時点で広島サイドは「儲けた」とほくそ笑んでいたかもしれないが、真に「儲けた」のは吉村のほうだった。

 さて、8月27日の試合で村上は、7回にも2打席連続となる47号を放っており、このペースで行けば143試合終了時点で「58本」が計算できる。

 本塁打のシーズン記録、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の60本に迫る勢いであり、村上の今後の活躍は、ヤクルトファンだけでなく、すべてのプロ野球ファンが注目することになりそうだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人