社会

テキサス親父の“保守NO.1論客・室谷克実”と哀韓対談するぜ!(2)慰安婦像に潜む中国共産党

20140508_15m

 カリフォルニア州グランデール市に、韓国人たちは従軍慰安婦像を建てた。俺は、撤去を巡ってホワイトハウスへの署名を呼びかけたんだ──。

親父 まず、グランデール市について説明したいと思います。ウソで作った慰安婦物語を像にしたわけですが、碑文には「20万人の性奴隷」って書いてあるんですよ!連中は像を建てることで、そうしたウソを既成事実化しようとしているってわけですよね? 何より、その地域は、韓国人の人口比率が非常に多いところなのです。

室谷 アメリカの慰安婦像を建てたグループの背後に中国共産党がいます。また、在米韓国人と言われている人たちの中には、北朝鮮の影響を受けた人たちがたくさんいます。アメリカは、「正しいデモクラシー(民主主義)を教えてくれた」と、日本では思われてきました。しかし、この像が建つ過程を見ると、アメリカの地方議員というのはデモクラシーじゃなくて、カネの亡者じゃないだろうか?安倍総理の靖国参拝時に、アメリカ側は「失望」という言葉を使いました。しかし、私は像を許可したアメリカに、大変に大きな失望を感じました。

親父 その地区は、やはり民主党に握られています。像を建てる許可を出すことが、多くの面で悪影響を及ぼすっていうことを彼らもわかっているんです。だけど、連中はカネに目がくらんでしまった。情けない話ですが、カネと票が背景にあることは間違いないですよ!

室谷 なるほど。

親父 今、アメリカでは慰安婦像を撤去する裁判が行われているんです。私の願いは、裁判の勝利です。撤去運動の一環として、ホワイトハウスへの署名を呼びかけました。結果は、10万人ですよ! 静かで優しい10万に近い日本人が怒りの手をあげたんだ!

 慰安婦像建立によって、米国内に日韓の問題が持ち込まれてしまったんだ。みんなは、米国市民が像についてどう思っているのか気になるだろ? 俺が代表して答えたいんだ。

親父 慰安婦像などによって、日韓関係が割れることを非常に喜ばしく思っているのは中国ですよね。そして、建ったものを排除するのは難しいでしょう? 中国を喜ばせないために今から米国市民がなすべきことは、今後提案されるであろう像の建設計画を潰すための算段を考え、実行することだと思います。米海兵隊の教本にもある「位置を見つけ、しかるのち優越した火力で圧倒する」ってやつですね。米民主党は、選挙のためのカネと票に尻尾を振ってヨダレを垂らす犬と一緒ですよ! 独り善がりな行動による悪影響が国際社会に及ぶなんて、考えちゃいないんです。

室谷 そのとおりだと思います。

親父 日本でも移民の問題が最近話題になりました。不法移民問題はアメリカでも非常に多くあります。それを放置して、不法移民から票を“おもらい”しようってのが、米民主党です。慰安婦像も、そんな構造から出ているのはわかってくれますよね? 連中には「自由と平等」という合衆国の建国理念なんて関係ないんですよ! 自分たちが政治家であるためだけに活動しているのが、今のオバマ大統領をリーダーにする民主党なんです。情けないかぎりだが、これが現在のアメリカの姿なんです!

室谷 よくわかりました。トニーさん、日本でも少し前に政権を取った「民主党」という政党がありました。彼らはアメリカの同名政党と、まったく同じことをしていました。今はもう見る影もなく落ちぶれていますよ。

親父 室谷さん、私の国でも、日本と同じことが起こればいいと思っています。

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

◆プロフィール 室谷克実(むろたに・かつみ) 49年、東京都生まれ。時事通信政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長などを歴任。09年に定年退社し、評論活動に入る。「悪韓論」に続く、「呆韓論」が20万部超えの大ヒット! 現在、最も売れている日本NO1の保守論客。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
2
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
3
闇に葬られた「放送禁止」作品(7)松山ケンイチ主演ドラマのスポンサー6社中5社が降板
4
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
5
ジャニーズがブチギレた!?明石家さんまと中居正広が絶対共演NGの裏事情