社会

異常気象の原因!?「牛のゲップ」を抑える「亜麻仁油」が地球を救う現実味

 近年の猛暑や豪雨などの異常気象は地球温暖化が原因とされるが、その地球温暖化の要因の一つと指摘されているのが、「牛のゲップ」だ。

 サイエンスライターが説明する。

「牛や羊など、4つの胃を持つ反芻動物は、消化をする際にメタンを発生させます。その量は牛1頭から一日当たり200~800リットル。総量にすると年間20億トンと推定され、全世界で発生する温室効果ガスの4%にあたる。これが地球温暖化を促進させるわけです」

 ではこのメタンガス、何とかならないものなのか。目下、日本では油脂メーカーが農家の協力を得て進めているのが、亜麻仁油由来の脂肪酸カルシウムを飼料に混ぜ込み、牛に与える取り組みである。

「亜麻仁油は、植物のアマの種子から取れる油。オメガ3脂肪酸が含まれ、最近はその健康効果が注目されています。具体的には脳細胞の活性化、動脈硬化・高血圧・脳梗塞・心筋梗塞などの予防、免疫機能の改善や促進、コレステロールの低減効果などがあり、まさに至れり尽くせりの栄養の宝庫。そんな人間にとって非常に有益な効果をもたらす亜麻仁油が、牛の排出するメタンガスを抑え、何と地球環境にも絶大な効果をもたらすというわけです」(科学誌編集者)

 亜麻仁油のほかにも、オーストラリアでは海藻のカギケノリを飼料に混ぜ、メタン排出を80%抑えたとの研究結果があるという。

「海藻は光合成をするため、大気からのCO2を効率よく取り込むことができる。そればかりではなく、少量の乾燥カギケノリを穀物飼料に混ぜて牛に与えたところ、メタンの排出が劇的に減ったというのです」(前出・サイエンスライター)

 ただ、こうした抑制物質を15億頭の牛に与えるというのは土台無理な話。牛のゲップを含め、結局は各国が対策を練り地道に努力していかなければ、温暖化は食い止められないということだ。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」
4
高橋英樹の「新幹線座席の選び方」に鉄道専門家が唸った!「9号車中央右側」は喫煙ルーム廃止でどうなる
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応