スポーツ

サッカー日本代表の大誤算!「広告塔」南野拓実の落選危機で「02年の悪夢が再現される」

 今年11月に開幕するサッカーW杯カタール大会を目前に控え、日本代表の背番号10を背負う南野拓実が代表落選の危機に追い込まれている。

 欧州5大リーグのひとつ、イングランド・プレミアリーグのリバプールから鳴り物入りでフランス・リーグアンのASモナコに移籍したのが、今年の6月。移籍金は総額1800万ユーロ(約26億円)と低くはない金額だった。

 プレミアリーグは、チームとしての戦術を重視しているのが特徴。優勝争いに絡んでくるリバプールでは、各国代表の中心選手が多かったため、南野はゴール前にいれば、お膳立てされてゴールを決めることができた。

 一方のリーグアンは、1対1の勝負強さや個の力で局面を打開していく「個の最高峰のリーグ」。周りとのコンビネーションで得点を重ねていくプレースタイルの南野にとっては、ハナから厳しいリーグなのだ。

 それを裏付けるように、これまでリーグ戦6試合で先発出場なし、途中出場3試合で無得点。唯一結果を残した8月31日のトロワ戦で、コーナーキックからゴールをアシストするも、ハーフタイムでの屈辱的な交代。結果も2対4の逆転負けを喫した。

 ボールロストも多く、現地ファンからは「苦戦するモナコの象徴」「ガッカリさせられた」「透明人間」など散々だ。日本よりもサッカー熱が高い海外では、当たり前といえば当たり前の意見だろう。

 そんな南野の現状に危機感を募らせているのが、日本サッカー協会だ。背番号10は、日本代表のオフィシャルサプライヤーであるアディダスと個人契約している選手の中から、アディダスと電通が最終的に決定する、というのが暗黙のルール。つまり、スポンサー枠なのだ。サッカー協会関係者が嘆息する。

「自国開催だった02年の日韓W杯で当時、背番号10で『広告塔』となっていたのが、絶対的ファンタジスタの中村俊輔。しかし所属チーム、日本代表でも調子が上がらず、サプライズのメンバー外だった。ビジネス的に失敗したアディダス日本法人社長の更迭が噂されたのは有名な話です」

 現日本代表の「広告塔」になっている南野がこのまま調子を戻すことができなければ、02年の悪夢が再現されるかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」