スポーツ

サッカー日本代表の大誤算!「広告塔」南野拓実の落選危機で「02年の悪夢が再現される」

 今年11月に開幕するサッカーW杯カタール大会を目前に控え、日本代表の背番号10を背負う南野拓実が代表落選の危機に追い込まれている。

 欧州5大リーグのひとつ、イングランド・プレミアリーグのリバプールから鳴り物入りでフランス・リーグアンのASモナコに移籍したのが、今年の6月。移籍金は総額1800万ユーロ(約26億円)と低くはない金額だった。

 プレミアリーグは、チームとしての戦術を重視しているのが特徴。優勝争いに絡んでくるリバプールでは、各国代表の中心選手が多かったため、南野はゴール前にいれば、お膳立てされてゴールを決めることができた。

 一方のリーグアンは、1対1の勝負強さや個の力で局面を打開していく「個の最高峰のリーグ」。周りとのコンビネーションで得点を重ねていくプレースタイルの南野にとっては、ハナから厳しいリーグなのだ。

 それを裏付けるように、これまでリーグ戦6試合で先発出場なし、途中出場3試合で無得点。唯一結果を残した8月31日のトロワ戦で、コーナーキックからゴールをアシストするも、ハーフタイムでの屈辱的な交代。結果も2対4の逆転負けを喫した。

 ボールロストも多く、現地ファンからは「苦戦するモナコの象徴」「ガッカリさせられた」「透明人間」など散々だ。日本よりもサッカー熱が高い海外では、当たり前といえば当たり前の意見だろう。

 そんな南野の現状に危機感を募らせているのが、日本サッカー協会だ。背番号10は、日本代表のオフィシャルサプライヤーであるアディダスと個人契約している選手の中から、アディダスと電通が最終的に決定する、というのが暗黙のルール。つまり、スポンサー枠なのだ。サッカー協会関係者が嘆息する。

「自国開催だった02年の日韓W杯で当時、背番号10で『広告塔』となっていたのが、絶対的ファンタジスタの中村俊輔。しかし所属チーム、日本代表でも調子が上がらず、サプライズのメンバー外だった。ビジネス的に失敗したアディダス日本法人社長の更迭が噂されたのは有名な話です」

 現日本代表の「広告塔」になっている南野がこのまま調子を戻すことができなければ、02年の悪夢が再現されるかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇